コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸辺福雄 きしべ ふくお

2件 の用語解説(岸辺福雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸辺福雄 きしべ-ふくお

1873-1958 明治-昭和時代の教育者。
明治6年2月14日生まれ。岸辺成雄(しげお)の父。明治36年東京に東洋幼稚園を,のち岸辺幼稚園を創設。口演童話の実践で知られる。大正10年北原白秋らと雑誌「芸術自由教育」を創刊。昭和33年9月9日死去。85歳。鳥取県出身。兵庫県尋常師範(現神戸大)卒。号は福叟(ふくそう)。著作に「岸辺福叟名話集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸辺福雄
きしべふくお
(1873―1958)

口演童話家、幼児教育家。福叟(ふくそう)と号す。鳥取県生まれ。兵庫師範学校を卒業し、母校の教諭等を経て上京。東洋幼稚園を設立して幼児教育に従事したことから口演童話に関心をもち、巌谷小波(いわやさざなみ)、久留島武彦(くるしまたけひこ)と並んで口演童話の三羽烏(がらす)と称せられた。喃々会(なんなんかい)をつくって口演童話を指導し、大正末期よりは絵雑誌『コドモノクニ』の編集顧問も務める。口演童話集に『岸辺福叟名話集』(1942)、その理論書に『お伽噺(とぎばなし)仕方の理論と実際』(1909)などがある。[上笙一郎]
『内山憲尚編『日本口演童話史』(1972・文化書房博文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸辺福雄の関連キーワード岩住良治佐藤タ子鈴木たま千葉源之助富田かね仲新中島太郎藤原喜代蔵三谷民子馬上孝太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone