コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸 信介 キシ ノブスケ

20世紀日本人名事典の解説

岸 信介
キシ ノブスケ

昭和期の政治家 首相;自主憲法制定国民会議会長。



生年
明治29(1896)年11月13日

没年
昭和62(1987)年8月7日

出生地
山口県山口市八軒家

出身地
山口県熊毛郡田布施町

旧姓(旧名)
佐藤

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日桐花大綬章〔昭和42年〕,国連平和賞〔昭和54年〕

経歴
農商務省に入り、工務局長を経て、昭和11年満州国産業部次長に転出、植民地経営に辣腕をふるう。帰国後、16年東条内閣の商工大臣となって戦争経済を推進し、翌17年衆院議員に当選。敗戦後、A級戦犯として逮捕されたが、起訴されずに23年釈放。追放解除後、28年自由党に入って衆院議員に復帰。翌29年には反吉田を掲げて民主党結成に参画、幹事長として鳩山内閣を実現させた。保守合同では自民党幹事長となり、31年の自民党総裁選で石橋湛山に敗れたが、外相に就任。32年石橋首相の病気退任後、岸内閣を組織、戦前の治安体制の復活を企図した強硬な政策を続けたが、60年安保闘争の高揚で窮地に追い込まれ、条約成立後首相辞任。37年には派閥を解散、54年には政界を引退したものの、後継者福田赳夫などを通じ、自民党右派の象徴的存在として影響力を行使しつづけた。晩年は“昭和の妖怪”ともいわれながら、自主憲法やスパイ防止法の成立を目ざし、また女婿の安倍晋太郎の首相就任に尽力した。戦後衆院当選10回(山口2区)。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

岸 信介
キシ ノブスケ


肩書
第56・57代首相,自主憲法制定国民会議会長

旧名・旧姓
旧姓=佐藤

生年月日
明治29年11月13日

出生地
山口県山口市八軒家

出身地
山口県熊毛郡田布施町

学歴
東京帝国大学法学部〔大正9年〕卒

経歴
農商務省に入り、工務局長を経て、昭和11年満州国産業部次長に転出、植民地経営に辣腕をふるう。帰国後、16年東条内閣の商工大臣となって戦争経済を推進し、翌17年衆院議員に当選。敗戦後、A級戦犯として逮捕されたが、起訴されずに23年釈放。追放解除後、28年自由党に入って衆院議員に復帰。翌29年には反吉田を掲げて民主党結成に参画、幹事長として鳩山内閣を実現させた。保守合同では自民党幹事長となり、31年の自民党総裁選で石橋湛山に敗れたが、外相に就任。32年石橋首相の病気退任後、内閣を組織、戦前の治安体制の復活を企図し、対米従属的な強硬政策を続けたが、60年安保闘争の高揚で窮地に追い込まれ、条約成立後首相辞任。37年には派閥を解散、54年には政界を引退したものの、後継者福田赳夫などを通じ、自民党右派の象徴的存在として影響力を行使しつづけた。晩年は“昭和の妖怪”ともいわれながら、自主憲法やスパイ防止法の成立を目ざし、また女婿の安倍晋太郎の首相就任に尽力していた。戦後衆院当選10回(山口2区)。

受賞
勲一等旭日桐花大綬章〔昭和42年〕 国連平和賞〔昭和54年〕

没年月日
昭和62年8月7日

家族
兄=佐藤 市郎(海軍中将) 弟=佐藤 栄作(首相) 長男=岸 信和(西部石油会長) 孫=安倍 晋三(衆院議員)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

岸 信介 (きし のぶすけ)

生年月日:1896年11月13日
昭和時代の政治家。首相;自主憲法制定国民会議会長
1987年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

岸 信介の関連キーワード嘉村礒多(1897~1933)自由党憲法調査会長政経不可分の原則日米安全保障条約岸信介と社会保障日韓協力委員会佐藤市郎(2)田布施町郷土館中村 三之丞東条英機内閣所得倍増政策池田勇人内閣安倍 晋太郎小沢 久太郎石橋湛山内閣話し合い解散八木 宗十郎岸信介内閣堀木 鎌三藤山愛一郎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸 信介の関連情報