コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島君竜 しま くんりょう

1件 の用語解説(島君竜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島君竜 しま-くんりょう

1819-1881 江戸後期-明治時代の儒者,書家。
文政2年生まれ。昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。郷里の下野(しもつけ)(栃木県)にかえり,日光学問所の教授となる。内外の大家の書法を研究し,隷書を得意とした。維新後は,上三川(かみのかわ)に私塾をひらき,和漢の学と書をおしえた。明治14年12月23日死去。63歳。本姓は河島。名は易親。字(あざな)は簡項。通称は文峰。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島君竜の関連キーワードルーマニア文学アメリカ美術アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone