嵐吉三郎(2代)(読み)あらし きちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐吉三郎(2代) あらし-きちさぶろう

1769-1821 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
明和6年生まれ。初代嵐吉三郎の3男。2代嵐三五郎に入門し,天明7年2代吉三郎を襲名。京都,大坂立役(たちやく)の花形として活躍。口跡にすぐれ,実事,和事,力士役を得意とした。文政4年9月26日死去。53歳。大坂出身。後名嵐橘三郎(初代),嵐璃寛(初代)。通称は大璃寛。俳名は李冠,璃寛。屋号は岡島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android