コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐吉三郎 あらしきちさぶろう

世界大百科事典 第2版の解説

あらしきちさぶろう【嵐吉三郎】

歌舞伎俳優。1973年に没した7世まである。(1)初世(1737‐80∥元文2‐安永9) 俳名里環。初名竹田吉三郎。大坂竹田芝居の出身。嵐勘三郎に入門,1758年(宝暦8)嵐姓となる。この年の顔見世から座本もつとめた。76年(安永5)には座頭(ざがしら)となり,京坂の芝居で立役の名人として活躍した。実事和事老け役を兼ね,《薄雪物語》の奴妻平など,奴や男達(おとこだて)を得意とした。(2)2世 初世嵐璃寛の前名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

嵐吉三郎の関連キーワード市川 寿美蔵(5代目)柴崎林左衛門(4代)嵐 吉三郎(7代目)嵐 吉三郎(5代目)嵐 吉三郎(6代目)中村歌右衛門(3代)片岡仁左衛門(8代)三枡大五郎(4代)嵐冠十郎(初代)嵐吉三郎(2代)嵐吉三郎(3代)嵐猪三郎(初代)歌舞伎俳優の屋号奈河晴助(初代)関三十郎(2代)嵐橘三郎(3代)尾上新七(2代)嵐芳三郎(初代)嵐橘三郎(初代)嵐吉三郎(初代)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android