川上 源一(読み)カワカミ ゲンイチ

20世紀日本人名事典「川上 源一」の解説

川上 源一
カワカミ ゲンイチ

昭和・平成期の経営者 元・日本楽器製造社長;元・ヤマハ発動機社長;ヤマハ音楽振興会名誉会長。



生年
明治45(1912)年1月30日

没年
平成14(2002)年5月25日

出生地
静岡県磐田郡豊西村(現・浜松市)

出身地
兵庫県

学歴〔年〕
高千穂高商〔昭和9年〕卒

主な受賞名〔年〕
レオポルド勲章コマンドール章(ベルギー)〔昭和62年〕,人民友交功労賞(東ドイツ)〔昭和62年〕,モンゴル友好章〔平成3年〕,モンゴル文化最高功労章〔平成3年〕

経歴
大日本人造肥料を経て、昭和12年父・嘉市が社長を務める日本楽器(現・ヤマハ)に入社。以後、天竜工場長などを経て、25年社長に就任。34年日本で初めて電子オルガンを開発。“エレクトーン”の商品名は、電子オルガンの代名詞にもなった。30年からオートバイ事業に進出し、ヤマハ発動機社長を兼務。他にも電子部品、スポーツ用品、レジャー施設の開発など積極的な多角化と海外進出で世界のヤマハグループを築いた。52年会長に退いたが、55年再び社長に就任。58年長男の浩に後継を譲り、平成4年第一線を退いた。また、音楽事業としては昭和41年ヤマハ音楽振興会を設立、平成7年名誉会長。国内外に“ヤマハ音楽教室”を開設し、音楽の普及にも尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「川上 源一」の解説

川上 源一 (かわかみ げんいち)

生年月日:1912年1月30日
昭和時代;平成時代の実業家。日本楽器製造社長;ヤマハ発動機社長;ヤマハ音楽振興会名誉会長
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android