コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島安正 ふくしま

デジタル大辞泉の解説

ふくしま‐やすまさ【福島安正】

[1852~1919]軍人。陸軍大将。長野の生まれ。明治25年(1892)駐ドイツ公使館付武官を辞任し、単独騎馬でシベリアを横断して帰国。著「伯林より東京へ単騎遠征」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

福島安正【ふくしまやすまさ】

陸軍軍人。信濃国松本藩士の子として生まれる。語学力に優れ,情報収集と外交手腕を発揮した。1887年ドイツ公使館付武官となり,1892年の帰国の際1年を費やしてシベリアを単騎横断。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島安正 ふくしま-やすまさ

1852-1919 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)5年9月15日生まれ。明治20年ドイツ公使館付武官。25年帰国の際ベルリンからシベリアを騎馬で単独横断。日露戦争では満州軍参謀。のち参謀次長,関東都督。大正3年陸軍大将。大正8年2月18日死去。68歳。信濃(しなの)(長野県)出身。大学南校中退。著作に「伯林(ベルリン)より東京へ単騎遠征」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

福島安正

没年:大正8.2.18(1919)
生年:嘉永5.9.15(1852.10.27)
明治大正の陸軍軍人。松本藩(長野県)藩士福島安広の長男。維新後,大学南校に入学して英語を習う。明治7(1874)年陸軍省に入り,西南戦争(1877)では山県有朋の伝令使として従軍。明治15年朝鮮に派遣され対韓作戦計画の調査,翌年北京公使館付武官となり,満州(中国東北部)およびモンゴル方面を踏査した。19年にはインド半島を軍事視察。20年には駐独武官となってバルカン半島を視察,帰国の際25年2月から,ロシアのシベリア鉄道建設の状況視察のため1年4カ月かけてベルリンからウラジオストクへと単騎横断を行う。日清戦争(1894~95)の際は第1軍参謀。戦後は再び28年3月から約2年間ヨーロッパ,アジアを探検旅行。帰国後は参謀本部第3,次いで第2部長,日露戦争(1904~05)時は満州軍参謀,39年に参謀本部次長。中将に進み,45年には関東都督となり満州経営に当たった。大正3(1914)年大将。当時の陸軍随一の情報将校。<参考文献>島貫重節『福島安正と単騎シベリア横断』

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしまやすまさ【福島安正】

1852‐1919(嘉永5‐大正8)
明治期陸軍きっての情報将校。信濃国生れ。司法省翻訳官から語学力を買われて陸軍省文官,次いで武官に転じ,参謀本部勤務と外国派遣をくり返す。1887年ベルリンに駐在武官として赴任,帰国の際,92‐93年シベリアを単騎横断して有名となった。義和団事変に際して臨時派遣隊司令官となったほかには軍隊指揮官の経験がなく,1889‐1906年の長期にわたり参謀本部第2(情報)部長,この間日露戦争中は満州軍参謀(第2課(情報)課長)として出征した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくしまやすまさ【福島安正】

1852~1919) 陸軍大将。信州松本生まれ。1892年(明治25)ドイツから帰国するにあたり、シベリアを騎馬で単独横断した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福島安正
ふくしまやすまさ

[生]嘉永5(1852).9.15. 松本
[没]1919.2.19. 東京
陸軍軍人。シベリア単騎横断で有名。松本藩士福島安広の長男。明治維新後,大学南校に学んだが中退,語学の才を買われて司法省翻訳課に出仕。のちに陸軍省に転じ,在外大公使館付き武官として諸外国に派遣された。参謀本部員 (少佐) として帰朝する際,1892年2月から 93年6月にかけ,軍事視察を兼ねてシベリアを初めて単騎で横断し,世界の注目を集めた。 1901年義和団の乱 (北清事変) には清国臨時派遣隊司令官 (少将) として出征,その後は満州軍参謀,08年参謀本部次長,12年関東都督などを歴任。その間,男爵 (1907) に叙せられた。 14年大将となり予備役

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福島安正
ふくしまやすまさ
(1852―1919)

明治時代の陸軍軍人。信濃(しなの)国松本藩出身。1869年(明治2)藩命で東京に出、開成校で英語を学ぶ。1871年中退。1874年陸軍省十一等出仕になり、1878年陸軍中尉、1883年大尉、1887年3月にドイツ公使館付武官になる。帰国に際し、1892年2月から翌1893年6月までシベリアを単騎横断し、その壮挙は内外に喧伝(けんでん)される。1900年(明治33)に少将になり、日露戦争には満州軍参謀として出役。1907年男爵になり、1914年(大正3)9月大将に名誉進級。大正8年2月19日没。[遠藤芳信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

福島安正の関連キーワード福島 安正金子新太郎福島 貞子杉浦 龍吉大正時代郡司成忠杉浦竜吉川島浪速福島貞子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android