コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎区 かわさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川崎〔区〕
かわさき

神奈川県北東部,川崎市東部の区。多摩川と東京湾にはさまれた沖積地にある。 1972年区制。江戸時代東海道の宿場町で,多摩川を流送される木材の集散地でもあった北西部の旧川崎町地域は JR東海道本線の川崎駅に隣接し,現在も繁華街を形成。東部の大師地区は真言宗智山派平間寺 (川崎大師) の門前町として発達。明治末から地先の東京湾を埋立てて工場用地の造成が始り,関東大震災後,第2次世界大戦中から戦後と,埋立て地が拡大されて大工場が立地。内陸にも中小工場が密集して京浜工業地帯の中心となる。石油化学コンビナートや鉄鋼,機械などの工場が多い。川崎港は原油,石炭など原料輸入港の性格も示している。川崎球場,競馬場,競輪場がある。大気汚染などの公害が激しかったが,公害対策が進み,改善されている。 JR京浜東北線東海道本線,南武線鶴見線京浜急行電鉄,国道 15号線 (第一京浜道路) ,132号線,357号線,409号線,首都高速道路が通り,インターチェンジが立地。面積 39.53km2。人口 22万3378(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわさき‐く〔かはさき‐〕【川崎区】

川崎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

川崎区の関連情報