コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十五銀行 じゅうごぎんこう

4件 の用語解説(十五銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十五銀行
じゅうごぎんこう

1897年第十五国立銀行の改組によって発足した普通銀行。第十五国立銀行は華族の金禄公債を資本とし 77年に設立。当時最大の国立銀行であり,発券銀行であると同時に預金銀行でもあったが,97年国立銀行としての営業期限満期により十五銀行に改組,普通銀行となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

十五銀行【じゅうごぎんこう】

1877年創立の第十五国立銀行を1897年普通銀行に改組したもの。華族金禄公債を資本として創立,華族銀行と呼ばれ,抜群の大銀行であった。1881年その出資で日本鉄道会社を設立。
→関連項目三井銀行[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうごぎんこう【十五銀行】

1877年(明治10年)に開業した第十五国立銀行の後身。第十五国立銀行は岩倉具視の主導により,484名の全華族が金禄公債を出資して設立され,資本金1782万円は全国立銀行資本額の約47%を占めた。西南戦争の軍費調達など政府財政と密着しつつ発展し,また華族を大株主として81年に創設された日本鉄道会社の株式の22%を所有して,旧封建支配者の資本家化に大きな役割を果たした。銀行券発行について他の国立銀行よりも特権を認められていたが,83年の国立銀行条例の再度の改正とともに普通の国立銀行になり,93年には華族以外にも株式を開放し,97年5月に私営の株式会社十五銀行になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十五銀行
じゅうごぎんこう

1877年(明治10)5月に東京で開業した第十五国立銀行の後身。第十五国立銀行は、華族が金録公債を出資して設立されたもので、その設立時の資本金1782万円は当時の銀行としては最大の規模であった。発行銀行券の大半は西南戦争の戦費に貸し付けられたほか、日本鉄道会社(上野―青森間の私鉄)の経営にも大きな役割を果たした。1897年5月、株式会社十五銀行として普通銀行に転換、華族出身でない園田孝吉を頭取に迎えた。これ以後、普通銀行として活躍するが、宮内省をはじめ華族、諸官庁の預金が多かったことが特徴で、依然として華族銀行の別名でよばれた。1920年代に入ると、浪速(なにわ)、丁酉(ていゆう)、神戸川崎など6銀行を合併、支店網も全国的な広がりをみせたが、23年(大正12)の関東大震災の打撃がきわめて大きく、27年(昭和2)の金融恐慌時に休業を発表、破綻(はたん)するに至った。その後再開業するが、営業は振るわず、第二次世界大戦下の金融統制政策により、第一銀行と三井(みつい)銀行が合同した帝国銀行に1944年8月合併された。1948年(昭和23)に至り、第一銀行は帝国銀行から分離。十五銀行は旧三井銀行とともに帝国銀行にとどまった。帝国銀行は、1954年に三井銀行(現三井住友銀行)と改称した。[岡田和喜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十五銀行の関連キーワードフィリピン革命帝国大学オールコック大韓帝国京都大学京都大学東京大学ドイツ映画日本映画美文

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十五銀行の関連情報