コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡回文庫 じゅんかいぶんこ circulating library

翻訳|circulating library

4件 の用語解説(巡回文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巡回文庫
じゅんかいぶんこ
circulating library

巡回図書館ともいう。図書館が,地理的条件などにより直接利用する機会に恵まれない地域,学校,職場などに蔵書の一部を計画的に回送して閲覧の便宜を図るもの。 1903年に山口県立図書館長佐野友三郎が考案,実施したのが日本では最初といわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅんかい‐ぶんこ〔ジユンクワイ‐〕【巡回文庫】

巡回図書館」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

巡回文庫【じゅんかいぶんこ】

公共図書館の地区奉仕活動の一つの方式。地区の中心図書館などが,ある基準の下に選択編成した図書群を,地区内の定められた場所に送って近くの人びとに利用させ,順次巡回して,他の地区でも利用させるもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

図書館情報学用語辞典の解説

巡回文庫

図書館の蔵書の一部を分館,あるいはグループなどに一定期間送付する一種の貸出文庫.1890年代,デューイニューヨーク州立図書館長のときに,図書館振興を目的として,州内の公共図書館や図書館未設置地域のグループなどに100冊ほどの本と貸出用具の入った木箱を送ったのが始まりとされる.これを佐野友三郎が「巡回文庫」と訳し,秋田県立図書館で1902(明治35)年に始めた.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巡回文庫の言及

【移動図書館】より

…自動車文庫,自動車図書館,ブックモビルbookmobileとも呼ばれる。また移動図書館を広く解釈して,遠隔地の学校,施設,団体に一定数の図書をセットにして送付する巡回文庫,貸出文庫を指すところもある。ふつうマイクロバスやトラックなどを改造し,車の内部または両側面に書架を装備,約1000~3000冊の図書を積載する。…

※「巡回文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巡回文庫の関連キーワード図書館法巡回図書館帝国図書館ハイブリッドライブラリー国際子ども図書館ロシア国立図書館中央市立図書館唐津市近代図書館岐阜県図書館北京図書館

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone