コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左馬 さま

5件 の用語解説(左馬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左馬 さま

?-? 江戸時代前期の陶工。
陸奥(むつ)標葉(しねは)郡(福島県)大堀(おおぼり)村の半谷(はんがい)休閑の家僕。元禄(げんろく)3年(1690)相馬中村で陶技をおぼえ,井手村の美森(うつくしもり)で陶土を発見,小窯で茶わんをやいた。休閑はその製法を伝授され,大堀相馬焼をおこした。のち徳をたたえられ嘉績翁と追号された。別名に左馬太。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉の解説

ひだり‐うま【左馬】

「馬」の字を左右反転させたもの。縁起のよい図柄とされる。
[補説]馬は左側から乗ると倒れないとされるため、また「うま」を逆さに読んだ「まう(舞う)」が祝い事を連想させるためなど、由来には諸説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひだりうま【左馬】

福島の日本酒。辛口の味わいの純米大吟醸酒仕込み水は自家井戸水。蔵元の「有賀醸造」は安永3年(1774)創業。所在地は白河市東釜子字本町。

ひだりうま【左馬】

鹿児島の麦焼酎。「うま」を逆にすると「まう」となり、「舞う」はめでたい席で催されることから、「左馬」は福を招く縁起の良い文字とされる。樽で3年以上長期熟成させた古酒。仕込み水は冠嶽山系の伏流水。原料は麦、麦麹。アルコール度数42%。蔵元の「山元酒造」は大正元年(1912)創業。所在地は薩摩川内市五代町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひだりうま【左馬】

「馬」の字を左右逆に書いた文字。縁起物の文字とされる。 〔「うま」を逆に読んだ「まう(舞う)」が古来めでたい席で催されるからとも、「馬」の字の下の部分を財布の巾着に見立ててお金がたまるからとも言われる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左馬の関連キーワード浅見五郎介雲斎石岡林兵衛小道三正玄宗閑太兵衛長兵衛(1)半谷休閑松本運七

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

左馬の関連情報