差圧計(読み)さあつけい(英語表記)differential manometer; differential pressure gauge

  • differential manometer, differential pressure gauge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧力差計ともいう。圧力計の1種で,圧力の差を測定する計器。最も簡単なものにU字管圧力計がある。環状てんびん型差圧計は,円環状の管の上部に隔壁を1つつくり,下部に液体を入れ,中心をナイフエッジで支えて自由に動く構造にしたもので,2つの液面にかかる圧力差による封入液の移動とその環の傾きから,圧力差をはかる。微小な圧力差をはかるものは微差圧力計と呼ばれる。ベル差圧計などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圧力計のうち、とくに二つの圧力の差を測定するためにつくられたものをいう。原理のうえでは液柱型、弾性素子型など多くの種類があるが、差圧計の重要な特徴として、圧力の絶対値の変化にかかわりなく圧力の差のみを正確に測定できるような原理・構造が採用されている。

[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二つの圧力の差を測定する器械。U字形ガラス管に水銀や水を入れ、両側にそれぞれの圧力を加え、液面の差を測定するU字管圧力計もこの一種。圧力差計。示差圧力計。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

圧力差を測定する計器の総称.もっとも普通に用いられているものはU字管圧力計であるが,ほかに沈鐘式圧力計(bell pressure gauge)および環状差圧てんびん(ring manometer)などが用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の差圧計の言及

【圧力計】より

…圧力計のうちで,大気の圧力を測るものを気圧計,標準大気圧以下の真空圧力を測るものを真空計と呼び,数百MPa以上の圧力を測るものを高圧計high pressure gaugeと呼ぶこともある。また,二つの圧力系の圧力差を測るものを差圧計differential pressure gaugeといい,このうちとくに微小な圧力差を測るものを微圧計または微差圧計という。2GPaを超える圧力領域では圧力計と呼ばれるものは少ないが(動圧力測定用の圧縮圧力計だけ),後で述べる超高圧力測定法が確立されている。…

※「差圧計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android