巻機山(読み)まきはたやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「巻機山」の解説

巻機山
まきはたやま

新潟県南魚沼市(みなみうおぬまし)と群馬県利根(とね)郡みなかみ町のにある山。山体は中生代三畳紀の奥利根層群で構成される古い山地で、標高1967メートル。南稜(りょう)は柄沢(からさわ)山、朝日岳を経て清水(しみず)峠へと尾根道が続き、古くから機(はた)織りの神を祀(まつ)る信仰の山として知られる。登山口は、旧清水街道の山麓(さんろく)関所清水で、夏場は六日町駅からバスの便がある。例年5月下旬の第4日曜日に行われる、山開きの火渡り行事は有名である。

[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「巻機山」の解説

巻機山【まきはたやま】

新潟県と群馬県の境にある山。標高1967m。山の名前は,この山が昔から機織りの神として信仰されていたことから付いたとされる。日本百名山に選ばれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「巻機山」の解説

まきはた‐やま【巻機山】

新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境にある山。標高1967メートル。古くからはた織りの神をまつる山として信仰された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android