コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻機山 マキハタヤマ

4件 の用語解説(巻機山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まきはた‐やま【巻機山】

新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境にある山。標高1967メートル。名の由来は、古くから機(はた)織りの神をまつる山から。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

巻機山【まきはたやま】

新潟県と群馬県の境にある山。標高1967m。山の名前は,この山が昔から機織りの神として信仰されていたことから付いたとされる。日本百名山に選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(群馬県)〕巻機山(まきはたやま)


新潟・群馬県境の三国(みくに)山脈北部に位置する山。標高1967m。割引(わりびき)岳・牛ヶ(うしが)岳を含めた総称として使われることもある。江戸後期の文人鈴木牧之(すずきぼくし)の『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』に紹介される。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。山頂付近はなだらかな稜線(りょうせん)が続く草原地帯。ニッコウキスゲなどの高山植物も豊富。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻機山
まきはたやま

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市と群馬県利根(とね)郡みなかみ町の境にある山。山体は中生代三畳紀の奥利根層群で構成される古い山地で、標高1967メートル。南稜(りょう)は柄沢(からさわ)山、朝日岳を経て清水(しみず)峠へと尾根道が続き、古くから機(はた)織りの神を祀(まつ)る信仰の山として知られる。登山口は、旧清水街道の山麓(さんろく)関所清水で、夏場は六日町駅からバスの便がある。例年5月下旬の第4日曜日に行われる、山開きの火渡り行事は有名である。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻機山の関連キーワード三国街道三国山脈三国峠三国節群馬県高崎市金古町群馬〈町〉新潟県南魚沼郡湯沢町三国福井県坂井市三国町宿三国大学三国仁兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻機山の関連情報