コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川右太衛門 いちかわ うたえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川右太衛門 いちかわ-うたえもん

1907-1999 大正-昭和時代の映画俳優。
明治40年2月25日生まれ。6歳で関西歌舞伎に出演。大正14年「黒髪地獄」で映画界にデビュー,美剣士役でスターとなり,昭和2年市川右太衛門プロを設立。大映をへて26年から片岡千恵蔵とともに東映の重役スターとなった。当たり役は「旗本退屈男」シリーズの早乙女主水之介。平成11年9月16日死去。92歳。香川県出身。本名は浅井善之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

市川右太衛門【いちかわうたえもん】

俳優。香川県出身。本名浅井善之助。5歳で日本舞踊を始め,6歳で歌舞伎の市川右団次の弟子となり,市川右一を名乗る。1925年マキノ・プロに入社,右太衛門と改称し人気スターとなる。
→関連項目牧野省三

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわうたえもん【市川右太衛門】

1907(明治40)‐
映画俳優。本名浅井善之助。香川県丸亀市出身。最大の当り役は〈旗本退屈男〉シリーズ。〈退屈男〉の異名をとる旗本・早乙女主水之介が,高笑いとともにけんらんたる衣装で登場し(その柄はほとんど右太衛門本人のデザインで,1本の作品の中で数点は着替えて見せた),悪人どもを大きな目ではったとにらみつけるや,額の三日月傷を指さして〈天下御免向こう傷〉と名のりをあげる姿が人気を呼んだ。見得を切るさっそうとした立ち姿,流麗で余裕のある立回りの姿には,踊りと歌舞伎で鍛えた素地がうかがえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちかわうたえもん【市川右太衛門】

1907~1999) 映画俳優。本名浅井善之助。香川県生まれ。歌舞伎俳優を経て1925年(大正14)映画俳優デビュー。「旗本退屈男」などで人気を集め、時代劇スターとして活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川右太衛門
いちかわうたえもん
(1907―1999)

俳優。本名浅井善之助(ぜんのすけ)。香川県丸亀(まるがめ)市生まれ。幼時より市川右一の名で歌舞伎(かぶき)の舞台で活躍したが、1925年(大正14)マキノプロへ入社、『黒髪地獄』(1925)で映画界にデビューした。以後、押し出しのりっぱな二枚目スターとしてたちまち人気を得、多くの時代劇映画に主演した。とくに1930年(昭和5)からの「旗本退屈男(はたもとたいくつおとこ)」シリーズは戦前・戦後を通じて31本を数え、彼の十八番となった。[長崎 一]
『市川右太衛門著『旗本退屈男まかり通る』(1992・東京新聞出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の市川右太衛門の言及

【日本映画】より

… 1927年には高木新平プロダクションが設立され,京都吉田山下に新スタジオを建てたが,まもなく解散した。 同じ1927年,市川右太衛門プロダクションが設立され,奈良あやめ池遊園地に撮影所を建設,映画製作を始めたが,36年に解散した。撮影所は全勝キネマによって使用されたが,やがて全勝キネマは松竹傘下に入り,興亜映画となった(1941)のち,松竹に合体吸収された。…

※「市川右太衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市川右太衛門の関連キーワード大江 美智子(1代目)『水戸黄門』シリーズ大江 美智子(初代)大江美智子(1世)大江美智子(初代)元禄忠臣蔵 後篇喜多川 千鶴大曽根 辰保藤田進(1)仁礼 功太郎近衛 十四郎滝見 すが子松本 田三郎新選組血風録大江美智子異変黒手組玉井 正夫国際密輸団牢獄の花嫁新書太閤記

市川右太衛門の関連情報