コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川 猿之助(2代目) イチカワ エンノスケ

20世紀日本人名事典の解説

市川 猿之助(2代目)
イチカワ エンノスケ

大正・昭和期の歌舞伎俳優



生年
明治21(1888)年5月10日

没年
昭和38(1963)年6月12日

出生地
東京市浅草区千束町(現・東京都台東区)

本名
喜熨斗 政泰

別名
初名=市川 団子,後名=市川 猿翁(イチカワ エンオウ)

屋号
沢瀉屋

学歴〔年〕
京華中学〔明治42年〕

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞(昭和26年度)

経歴
初代市川猿之助の長男に生まれ、明治25年2代目市川団子の名で初舞台。43年2代目猿之助を襲名。42年2代目市川左団次らの自由劇場に参加、歌舞伎界の革新派として活躍。大正8年欧米視察のち、9年春秋座を設立、イプセン「野鴨」、菊池寛「父帰る」、新舞踊「虫」の上演など、新機軸を打ち出した。この間、昭和5年松竹を脱退するが、のち復帰。主に市川左団次一座に参加し、真山青果作品に出演した。また14年には映画「日輪」に主演し物議をかもした。戦後は猿之助一座を結成、歌舞伎の古典と新作上演に意欲的に取りくんだ。30年戦後初の歌舞伎の海外公演として中国を訪問、36年にはソ連公演も行った。38年孫の団子に猿之助の名を譲り、猿翁を名乗る。芸風は男性的で豪快、当たり役は「勧進帳」の弁慶、「千本桜」の狐忠信など、新作として「元禄忠臣蔵」「修善寺物語」「研辰の討たれ」、舞踊では「猿翁十種」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

市川 猿之助(2代目)
イチカワ エンノスケ


職業
歌舞伎俳優

肩書
日本芸術院会員〔昭和30年〕

本名
喜熨斗 政泰

別名
初名=市川 団子,後名=市川 猿翁(イチカワ エンオウ)

屋号
沢瀉屋

生年月日
明治21年 5月10日

出生地
東京市 浅草区千束町(東京都 台東区)

学歴
京華中〔明治42年〕

経歴
初代市川猿之助の長男に生まれ、明治25年2代目市川団子の名で初舞台。43年2代目猿之助を襲名。42年2代目市川左団次らの自由劇場に参加、歌舞伎界の革新派として活躍。大正8年欧米視察のち、9年春秋座を設立、イプセン「野鴨」、菊池寛「父帰る」、新舞踊「虫」の上演など、新機軸を打ち出した。この間、昭和5年松竹を脱退するが、のち復帰。主に市川左団次一座に参加し、真山青果作品に出演した。また14年には映画「日輪」に主演し物議をかもした。戦後は猿之助一座を結成、歌舞伎の古典と新作上演に意欲的に取りくんだ。30年戦後初の歌舞伎の海外公演として中国を訪問、36年にはソ連公演も行った。38年孫の団子に猿之助の名を譲り、猿翁を名乗る。芸風は男性的で豪快、当たり役は「勧進帳」の弁慶、「千本桜」の狐忠信など、新作として「元禄忠臣蔵」「修善寺物語」「研辰の討たれ」、舞踊では「猿翁十種」がある。

受賞
日本芸術院賞(昭和26年度)

没年月日
昭和38年 6月12日 (1963年)

家族
父=市川 猿之助(初代)(=2代目市川段四郎),長男=市川 段四郎(3代目),孫=市川 猿之助(3代目),市川 段四郎(4代目)

伝記
おんなの色気 おとこの色気黄昏のダンディズム 村松 友視 著村松 友視 著(発行元 ランダムハウス講談社佼成出版社 ’08’02発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone