コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布田 ふだ

百科事典マイペディアの解説

布田【ふだ】

現在の東京都調布市布田に引き継がれ,同所を含み隣接する調布ヶ丘・小島町ほか一帯をさした地名。かつては武蔵国多摩郡のうちで,〈爾布多〉の訓がある古代の多摩郡新田郷(《和名類聚抄》)に由来する地名とする説もあるが,定かではない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふだ【布田】

東京都調布市の,甲州街道に沿う地名。10世紀に成立した《和名類聚抄》に見える爾布田郷の地ともいわれている。江戸時代甲州道中の上石原,下石原,上布田,下布田,国領の各宿と,上布田宿加宿の小島分村を合わせて布田五宿といった。江戸時代前期の《武蔵田園簿》ではこれらがすべて町として記されているが,1702年(元禄15)の郷帳では村となっており,1834年(天保5)の郷帳では上石原が宿とされ他は村になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

布田の関連キーワード東京都調布市布田別府島原地溝帯日奈久断層帯11月26日ポドザミテス布田保之助宿村大概帳調布(市)下布田遺跡西原[村]調布[市]布田惟暉熊本地震深大寺城延喜式通潤橋本陣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布田の関連情報