帝国イギリス東アフリカ会社(読み)ていこくイギリスひがしアフリカがいしゃ(英語表記)Imperial British East Africa Company

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくイギリスひがしアフリカがいしゃ【帝国イギリス東アフリカ会社 Imperial British East Africa Company】

1888年9月3日にイギリス王室勅許状を受けた特許会社。スコットランド出身の資本家マッキノンW.Mackinnon(1823‐93)が創設したイギリス領インド蒸気船海運会社が東アフリカのザンジバルへの航路を1872年に開設した際,さらに内陸への進出を計画したことが端緒となった。85年にドイツ東アフリカ会社がザンジバルの対岸の本土部へ進出すると,イギリスはザンジバルの首長を通して東アフリカ沿岸を間接的に確保しようとしたそれまでの方針を変え,マッキノンが以前から主張していた商事会社による内陸統治という考えをとるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android