コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超然主義 チョウゼンシュギ

デジタル大辞泉の解説

ちょうぜん‐しゅぎ〔テウゼン‐〕【超然主義】

他の動きには関知せず、自分の独自の立場から事を行う主義

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぜんしゅぎ【超然主義】

大日本帝国憲法下で,藩閥官僚政府が政党の影響をうけずに政治を運用しようとした政治姿勢をいう。1889年2月12日,ときの黒田清隆首相が地方長官を鹿鳴館に集めて演説したなかで,〈政府は常に一定の方向を取り,超然として政党の外に立ち,至公至正の道に居らざる可らず〉とのべたことから“超然主義”が一つの政治姿勢をあらわす言葉として使われるようになった。大日本帝国憲法政党内閣を制度として認めておらず,藩閥官僚,とりわけ山県有朋系の官僚内閣に政党をいみきらう傾向が強かったが,政党の政治的力はしだいに強まり,日清戦争後になると超然主義を持続することは困難になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうぜんしゅぎ【超然主義】

ある物事に関係せず、その外部に地位を占めて事を行う考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の超然主義の言及

【内閣】より

…他面で陸海軍統帥権が帷幄(いあく)上奏として内閣外部に残されたことや,〈天皇親臨して重要国務を諮詢〉する枢密院が別途創設されたことは,89年の〈内閣官制〉により首相権限が縮小され,国務大臣平等輔弼主義が定着したことと並んで,内閣を内外から制約する潜在要因となる。国会開設後の内閣運営も,イギリスよりはプロイセンを範とし,天皇の内閣は議会・政党に対し超然たるべしとの〈超然主義〉〈帝室内閣〉論が政府を支配した。このため天皇の意向を考慮しつつ,薩長閥の均衡と交替を基調に組閣や内閣運営を行う体制が続いた。…

【藩閥】より

…すなわち,木戸(1877),大久保(1878)の没後は,岩倉と結んだ伊藤および井上馨,山県有朋(ともに長州),西郷従道,黒田清隆,松方正義(以上,薩摩)らの薩長出身者によって政府は牛耳られ,自由民権運動はこれを〈有司専制〉と称して攻撃し,また,初期議会における民党も,この藩閥政府と対決しようとした。議会における民党の優勢に対し,藩閥政府は〈常に一定の方向を取り,超然として政党の外に立つ〉という,いわゆる超然主義を唱えた。しかし,1894‐95年の日清戦争以後は,藩閥勢力も政党の役割を無視することができず,第2次伊藤内閣は,95年,公然と自由党と提携し,翌96年,第2次松方内閣には大隈が進歩党を率いて入閣し(松隈内閣),さらに98年にいたっては,大隈と板垣によるいわゆる隈板内閣が成立した。…

※「超然主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

超然主義の関連キーワード山県有朋内閣黒田清隆内閣伊藤博文内閣立憲帝政党藩閥政治伊藤博文平田東助佐々友房超然内閣考え方外部地位物事

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超然主義の関連情報