コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰宅困難者 キタクコンナンシャ

デジタル大辞泉の解説

きたくこんなん‐しゃ【帰宅困難者】

帰宅難民

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

帰宅困難者

大災害で公共交通機関が止まった際、勤務先や通学先から自宅までの距離があり、徒歩での帰宅が難しい人。内閣府は、20キロ以上の全員を帰宅困難者としている。帰宅困難者が大量発生した場合、集団転倒のほか、火災に巻き込まれたり、建物からの落下物に当たったりして二次的な死傷者が出るおそれがある。

(2011-11-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帰宅困難者
きたくこんなんしゃ

大地震、台風、集中豪雨などで大都市の交通機関が麻痺(まひ)したため、自宅に帰ることが困難になった人。帰宅難民ともいう。被災当日、自宅へ帰れなくなる「帰宅断念者」と、遠距離を歩いて帰らねばならない「遠距離徒歩帰宅者」がある。内閣府中央防災会議は、帰宅距離が10キロメートル以上になると帰宅困難者が生じ、20キロメートル以上では全員が帰宅困難者になると想定し、首都直下地震が発生した際には、東京都周辺で約650万人が帰宅困難者になると推計している。
 実際、東日本大震災が発生した2011年(平成23)3月11日夕方から深夜にかけ、都心周辺のほとんどの公共交通機関が一時運休し、道路はマイカーやタクシーで大渋滞したため、東京都、神奈川、千葉、埼玉、茨城県南部で大量の帰宅困難者が発生した。中央防災会議は帰宅困難者が約515万人にのぼったと推計している。政府は2012年の通常国会で、1日の平均利用者が100万人を超えるような全国の大規模ターミナル駅のある自治体に、帰宅困難者支援の対策を盛り込んだ防災計画づくりを義務づけるために、都市再生特別措置法を改正した。具体的には、駅や駅周辺の商業施設、ホテル、学校、公共施設などに、避難場所や食料・水、緊急電源の確保、トイレや案内標識の整備、交通機関や危険箇所の情報提供などを求める。また東京都は2012年3月に、帰宅困難者の大量発生による混乱を避ける目的で、都内の民間企業に食料や水、毛布などの備蓄を義務づけ、一斉帰宅を抑制する「帰宅困難者対策条例」を制定した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

帰宅困難者の関連キーワード東京都帰宅困難者対策条例帰宅困難者対策の東高西低災害時応援協定避難所生活者うめきた減災

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰宅困難者の関連情報