コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常ノ花寛市 ツネノハナカンイチ

2件 の用語解説(常ノ花寛市の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つねのはな‐かんいち〔‐クワンいち〕【常ノ花寛市】

[1896~1960]力士。第31代横綱。岡山県出身。本名、山野辺寛一。引退後、年寄藤島を経て出羽海を襲名。日本相撲協会理事長も務めた。第30代横綱西ノ海 →第32代横綱玉錦

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常ノ花寛市 つねのはな-かんいち

1896-1960 明治-昭和時代の力士,親方。
明治29年11月23日生まれ。常陸山(ひたちやま)に入門。大正6年入幕,13年第31代横綱にすすむ。優勝10回。昭和5年引退。年寄藤島をへて出羽海となり,19年大日本相撲協会理事長。32年協会のあり方が国会で問題となり割腹自殺をはかった(未遂)。昭和35年11月28日死去。64歳。岡山県出身。本名は山野辺寛一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常ノ花寛市の関連キーワード深刻小説メタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党陸上競技韓国市民運動農家経済

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone