コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常ノ花寛市 ツネノハナカンイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常ノ花寛市 つねのはな-かんいち

1896-1960 明治-昭和時代の力士,親方。
明治29年11月23日生まれ。常陸山(ひたちやま)に入門。大正6年入幕,13年第31代横綱にすすむ。優勝10回。昭和5年引退。年寄藤島をへて出羽海となり,19年大日本相撲協会理事長。32年協会のあり方が国会で問題となり割腹自殺をはかった(未遂)。昭和35年11月28日死去。64歳。岡山県出身。本名は山野辺寛一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常ノ花寛市の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android