常ノ花寛市(読み)ツネノハナカンイチ

  • つねのはなかんいち〔クワンいち〕
  • 常ノ花寛市 つねのはな-かんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1896-1960 明治-昭和時代の力士,親方。
明治29年11月23日生まれ。常陸山(ひたちやま)に入門。大正6年入幕,13年第31代横綱にすすむ。優勝10回。昭和5年引退。年寄藤島をへて出羽海となり,19年大日本相撲協会理事長。32年協会のあり方が国会で問題となり割腹自殺をはかった(未遂)。昭和35年11月28日死去。64歳。岡山県出身。本名は山野辺寛一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android