コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清和政策研究会 セイワセイサクケンキュウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいわ‐せいさくけんきゅうかい〔‐セイサクケンキウクワイ〕【清和政策研究会】

自由民主党派閥の一。保守合同前の日本民主党に起源を持ち、自由党の軽武装・経済重視路線に対して、憲法改正や自主防衛などの政策を掲げる。昭和37年(1962)に福田赳夫が党風刷新連盟として旗揚げ。昭和54年(1979)に清和会に改称。平成6年(1994)に派閥政治批判を受けて解散の形をとったが、平成10年(1998)に現名称で復活した。
[補説]清和政策研究会の系譜:(派から)→福田派安倍派三塚派森派町村派細田派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

清和政策研究会の関連キーワード町村信孝保守傍流補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清和政策研究会の関連情報