コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清和政策研究会 セイワセイサクケンキュウカイ

1件 の用語解説(清和政策研究会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいわ‐せいさくけんきゅうかい〔‐セイサクケンキウクワイ〕【清和政策研究会】

自由民主党の派閥の一。保守合同前の日本民主党に起源を持ち、自由党の軽武装・経済重視路線に対して、憲法改正や自主防衛などの政策を掲げる。昭和37年(1962)に福田赳夫党風刷新連盟として旗揚げ。昭和54年(1979)に清和会に改称。平成6年(1994)に派閥政治批判を受けて解散の形をとったが、平成10年(1998)に現名称で復活した。
[補説]清和政策研究会の系譜:(派から)→福田派安倍派三塚派森派町村派細田派

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清和政策研究会の関連キーワード保守本流麻生派池田派大平派亀井派鈴木派前尾派町村派宮沢派山崎派

清和政策研究会の関連情報