コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯岡助五郎 イイオカノスケゴロウ

6件 の用語解説(飯岡助五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いいおか‐の‐すけごろう〔いひをか‐すけゴラウ〕【飯岡助五郎】

[1792~1859]江戸後期の博徒(ばくと)。相模(さがみ)の人。下総(しもうさ)国飯岡(千葉県旭市東部)で飯岡浜一帯を縄張りとし、笹川繁蔵と勢力争いをした。講談・浪曲「天保水滸伝(てんぽうすいこでん)」に登場する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯岡助五郎 いいおかの-すけごろう

1792-1859 江戸時代後期の博徒。
寛政4年生まれ。下総(しもうさ)飯岡(千葉県)の網元,銚子(ちょうしの)五郎蔵の跡目をつぎ,さらに関東取締出役(しゅつやく)の下役となる。利根川沿いの縄張りをあらそい,天保(てんぽう)15年笹川(ささがわの)繁蔵と大利根河原で決闘し,講談などに「天保水滸伝(すいこでん)」としてえがかれた。安政6年4月14日死去。68歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯岡助五郎

没年:安政6.4.14(1859.5.16)
生年:寛政4(1792)
江戸後期の侠客。本姓は石渡氏。相模国(神奈川県)三浦郡公郷村山崎の生まれといわれる。幼時から大力の持ち主で,誘われて江戸相撲年寄友綱良助に入門,四股名綱ケ崎を名乗ったが,廃業後干鰯景気で沸く上総九十九里浜の作田浜の網元文五郎の漁師となった。多くの舟子を必要とする漁場にあって舟子を束ねる顔役として売り出し,博徒の親分に成長した。のち下総飯岡浜に移住し,一家を構えた。天保11(1840)年には相撲会所から「近国近在相撲世話人」の証状をもらい,また関東取締出役の道案内を務める大親分となったが,下総笹川河岸を縄張りに台頭してきた新興の笹川繁蔵と対決することになる。同15年関東取締出役から繁蔵召し捕りを命ぜられたことから,対決は頂点に達し,大利根河原の決闘となるが,召し捕りに失敗し,借牢の処分を受けるはめとなった。弘化4(1847)年繁蔵を暗殺,嘉永2(1849)年取締出役が残党の勢力富五郎らを自殺させたことで一件は落着する。この事件は講談,浪曲の「天保水滸伝」となって後世に喧伝されるが,終始武闘派で殺された繁蔵に比し,助五郎はお上の手先を務め,勝利したため,判官びいきも手伝って悪役の役回りとなった。飯岡で没し,光台寺に葬られた。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いいおかのすけごろう【飯岡助五郎】

1792‐1859(寛政4‐安政6)
江戸後期の博徒であり網元。相模国三浦郡公郷村の出身。18歳のころ,江戸相撲の友綱部屋の弟子となったが,友綱の死で1年余で廃業し,下総国海上郡飯岡に流れて漁師となる。25歳の1817年(文化14),飯岡一帯に縄張りをもつ博徒の親分でしかも網元である銚子の五郎蔵の子分となり,22年飯岡浜一帯の縄張りを譲り受ける。助五郎も網元を正業とし,一方,博徒でありながら関東取締出役の“道案内”役として十手を預る“二足わらじ”であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いいおかのすけごろう【飯岡助五郎】

1792~1859) 江戸後期の博徒ばくと。相模さがみの人。下総しもうさ国飯岡で貸し元となり、笹川繁蔵と勢力を争った。講談・浪曲の「天保水滸伝」に登場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯岡助五郎
いいおかのすけごろう
(1792―1859)

江戸後期の博徒(ばくと)。講談、浪曲で有名な『天保水滸伝(てんぽうすいこでん)』に登場する。相模(さがみ)国三浦郡公郷(くごう)村(神奈川県横須賀市)の生まれ。下総(しもうさ)国飯岡(千葉県旭(あさひ)市)に流れて男をあげ、銚子(ちょうし)の五郎蔵より飯岡浜一帯の縄張りを譲り受け一本立ちの貸元(かしもと)となる。銚子飯沼(いいぬま)陣屋から十手取縄(じってとりなわ)を預かり、二足のわらじをはく。笹川(ささがわ)(千葉県香取(かとり)郡東庄(とうのしょう)町)の繁蔵(しげぞう)と勢力を張り合い、1844年(弘化1)8月6日、笹川に乗り込むが失敗(世にいう大利根(おおとね)河原の決闘)。安政(あんせい)6年4月14日没。墓所は旭市飯岡の光台寺。古老によると晩年の助五郎は、近所の子供たちから親しまれる好々爺(こうこうや)であったという。旭市飯岡の玉崎(たまさき)神社の境内に助五郎の顕彰碑がある。[藤野泰造]
『伊藤實著『飯岡助五郎』(1978・崙書房・ふるさと文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飯岡助五郎の言及

【平手造酒】より

…実名は平田深喜という。一説によると,笹川繁蔵は平田を飯岡助五郎方のスパイと疑い,出入りの直前に刀を取りあげてしまったので,平田はやむをえず,やくざ物の脇差で戦ったが,すぐに鍔元より折れ,11ヵ所の切傷を受け落命したという。37~38歳ごろであった。…

※「飯岡助五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯岡助五郎の関連キーワード北小路俊昌岳鳳相模女加茂季鷹石渡宗伯甚太七兵衛辰沢延次郎鐘弥左衛門半鐘八右衛門奴治兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯岡助五郎の関連情報