天保水滸伝(読み)テンポウスイコデン

大辞林 第三版の解説

てんぽうすいこでん【天保水滸伝】

笹川繁蔵しげぞうと飯岡助五郎の出入りや勢力せいりき富五郎の自殺事件など、下総の利根川周辺の俠客の争いを扱った講談。繁蔵を義俠の人として描き、またニヒルな浪人平手造酒ひらてみきが活躍する。歌舞伎や浪曲にも取り入れられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天保水滸伝
てんぽうすいこでん

講談。宝井琴凌(きんりょう)、5代伊東陵潮(りょうちょう)作。1844年(天保15)8月に実際に起こった飯岡助五郎(いいおかのすけごろう)一家と笹川繁蔵(ささがわのしげぞう)一家との大利根(おおとね)の決闘と、1849年(嘉永2)4月の勢力富五郎(せいりきのとみごろう)の自殺を中心とする、下総(しもうさ)の侠客(きょうかく)の争いを講談化したもの。1856年(安政3)、別個に取材した琴凌と陵潮がそれぞれ材料を提供しあって一つに仕上げ、琴凌が命名したという。しかし嘉永(かえい)3年(1850)の年記のある実録体小説の序文を信ずれば、このほうが先行する。河竹黙阿弥(もくあみ)によって『群清滝贔屓勢力(むれきよたきひいきのせいりき)』(1867)の題で劇化されてもいるが、近年では講談よりも、正岡容(いるる)脚色の浪花節(なにわぶし)が2代玉川勝太郎の名調子によって著名である。助五郎を悪玉、繁蔵を善玉に描くのは、十手持ちであった助五郎が闇(やみ)打ちをかけ、長命を保ったためであろうが、実在の助五郎は網元として漁業振興に尽力したなどの擁護論もある。「笹川の花会(はながい)」の条は登場人物が多く華やかで好まれ、「平手の駈(か)けつけ」の条も、虚無的な剣客平手造酒(みき)(実在人物名平田深喜(みき))の個性が魅力的なため、よく読まれる。[延広真治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てんぽうすいこでん【天保水滸伝】

江戸末期の実録体小説。四編六〇巻。陽泉主人尾卦伝述。嘉永三年(一八五〇)成立。当時下総一帯で起きた、博徒の二集団、飯岡助五郎一家と岩瀬(笹川)繁蔵一家の争いをあつかったもの。写本で伝わり、合巻や歌舞伎、講談などに影響作がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天保水滸伝の関連情報