コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田文右衛門(1) ひらた ぶんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田文右衛門(1) ひらた-ぶんえもん

1836*-1900 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年12月3日生まれ。陸奥(むつ)棚倉藩(福島県)藩士。陸奥白河藩主阿部正外(まさと)の奥用人上席をつとめ,その子阿部正静(まさきよ)が棚倉藩主に転ずると家老にすすむ。慶応4年(1868)奥羽越列藩同盟会議に出席。白河の戦いで敗れ,棚倉城は陥落した。明治33年8月14日死去。66歳。名は重世。通称ははじめ弾右衛門。号は雨郭,白鶴。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平田文右衛門(1)の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)[各個指定]工芸技術部門インターナショナル女医田辺朔郎郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android