コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平舘 たいらだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平舘
たいらだて

青森県北西部,外ヶ浜町北東部の旧村域。津軽半島北東端にある。 1889年今津村,野田村,根岸村,石崎村の4村および石浜村の一部と合体。 2005年南西に隣接する蟹田町と,西方に離れて位置する三厩村と合体して外ヶ浜町となった。平舘海峡に面し,西の今別町との境にある袴腰岳 (707m) を主峰とする山地が海岸近くまで迫る。平野部は海岸線沿いにあって,全面積の5%を占めるにすぎない。かつてはタラ漁が盛んであった。磯物採取や養殖漁業が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平舘
たいらだて

青森県北西部、東津軽郡にあった旧村名(平舘村(むら))。現在は今別(いまべつ)町をはさんで東西に分かれる外ヶ浜(そとがはま)町の北東部を占める地域。2005年(平成17)、東津軽郡蟹田(かにた)町、三厩(みんまや)村と合併して、外ヶ浜町となった。旧村域は津軽半島北東端にあたり、海岸沿いを国道280号が走る。95%が山地で、耕地は少ない。わずかにホタテ養殖が行われているにすぎず、出稼ぎが多い。平舘海峡に面した明神崎の平舘灯台の南に、1849年(嘉永2)に弘前(ひろさき)藩が北辺警備のため設置した砲台(台場)跡が残っている。海岸一帯は津軽国定公園域である。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

平舘の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘田の沢平舘おだいばオートビレッジ青森県東津軽郡外ヶ浜町岩手県八幡平市平舘外ヶ浜[町]津軽国定公園外ヶ浜(町)脇野沢[村]平舘[村]津軽山地下北半島津軽海峡牛ノ首岬北海岬陸奥湾脇野沢

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平舘の関連情報