コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平舘海峡 たいらだてかいきょう

5件 の用語解説(平舘海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平舘海峡
たいらだてかいきょう

青森県津軽半島下北半島の間にある海峡。平均幅 11kmで,北海道の函館市,室蘭市と青森市をフェリーで結ぶ重要な海上交通路となっている。海峡の両側は,山地が海に迫って急崖を成す。西側の明神崎には明治2 (1869) 年に設置された平舘灯台がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいらだて‐かいきょう〔たひらだてカイケフ〕【平舘海峡】

青森県北部、津軽半島下北半島との間にある海峡。幅11キロメートル。付近はタラの好漁場として知られ、ホタテガイの養殖も盛ん。本州と北海道を結ぶ海上交通の要路。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいらだてかいきょう【平舘海峡】

青森県の津軽半島下北半島の間にあり,陸奥湾と津軽海峡をつなぐ幅約11kmの海峡。北海道と本州をつなぐ青函航路が通り,連絡船をはじめ各種船舶が航行し,日本の交通幹線上の要路にあたる。また,1980年からは,津軽半島の蟹田(かにた)と下北半島の脇野沢を結ぶフェリーが就航している。西岸の平舘村に平舘灯台がある。【横山 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕平舘海峡(たいらだてかいきょう)


青森県北部、陸奥(むつ)湾北西部の海峡。下北(しもきた)半島西岸の焼山(やけやま)崎と津軽(つがる)半島北東端の高野(たかの)崎を結ぶ線で津軽海峡と分ける。青森―函館(はこだて)間のフェリー航路が通じるが、夏季は濃霧、冬季は降雪による航路の難所として知られる。東岸は下北半島、西岸は津軽の各国定公園の景勝地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平舘海峡
たいらだてかいきょう

青森県北部、津軽半島と下北半島間にある海峡。北は津軽海峡、南は陸奥(むつ)湾に続く。海峡幅は約11キロメートル、中央部の水深50~90メートル。本州と北海道を結ぶ連絡船の航路にあたり、津軽半島の明神崎に平舘灯台があり、フェリーや沿岸漁船の航海・操業の安全に寄与している。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平舘海峡の関連情報