平舘海峡(読み)たいらだてかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平舘海峡
たいらだてかいきょう

青森県津軽半島下北半島の間にある海峡。平均幅 11kmで,北海道の函館市室蘭市青森市フェリーで結ぶ重要な海上交通路となっている。海峡の両側は,山地が海に迫って急崖を成す。西側の明神には明治2 (1869) 年に設置された平舘灯台がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらだてかいきょう【平舘海峡】

青森県の津軽半島と下北半島の間にあり,陸奥湾津軽海峡をつなぐ幅約11kmの海峡。北海道と本州をつなぐ青函航路が通り,連絡船をはじめ各種船舶が航行し,日本の交通幹線上の要路にあたる。また,1980年からは,津軽半島の蟹田(かにた)と下北半島の脇野沢を結ぶフェリーが就航している。西岸の平舘村に平舘灯台がある。【横山 弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕平舘海峡(たいらだてかいきょう)


青森県北部、陸奥(むつ)湾北西部の海峡。下北(しもきた)半島西岸の焼山(やけやま)崎と津軽(つがる)半島北東端の高野(たかの)崎を結ぶ線で津軽海峡と分ける。青森―函館(はこだて)間のフェリー航路が通じるが、夏季は濃霧、冬季は降雪による航路の難所として知られる。東岸は下北半島、西岸は津軽の各国定公園の景勝地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平舘海峡
たいらだてかいきょう

青森県北部、津軽半島と下北半島間にある海峡。北は津軽海峡、南は陸奥(むつ)湾に続く。海峡幅は約11キロメートル、中央部の水深50~90メートル。本州と北海道を結ぶ連絡船の航路にあたり、津軽半島の明神崎に平舘灯台があり、フェリーや沿岸漁船の航海・操業の安全に寄与している。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平舘海峡の関連情報