コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹田 かにた

3件 の用語解説(蟹田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟹田
かにた

青森県北西部,外ヶ浜町南部の旧町域。津軽半島東岸,陸奥湾に面する。 1941年町制。 2005年北東に接する平舘村と,北西方に離れて位置する三厩村と合体して外ヶ浜町となった。かつては松前街道に沿う重要な宿駅。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟹田
かにた

青森県北西部、東津軽(つがる)郡、津軽半島東岸にあった旧町名(蟹田町(まち))。現在は今別(いまべつ)町をはさんで東西に分かれる外ヶ浜(そとがはま)町の南東部を占める地域。1941年(昭和16)町制施行。2005年(平成17)、東津軽郡平舘(たいらだて)村、三厩(みんまや)村と合併して、外ヶ浜町となった。旧町域の中央部を蟹田川が南東に流れ、JR海峡線が川に沿って走っている。江戸時代には松前街道の宿駅、また背後の山地のヒバ材の積出し港として知られた。陸奥(むつ)湾内でとれるカニ、タラ、シラウオなどの水揚げで活気を呈したが、その後沿岸漁業の不振で、漁港としての重要性が失われた。観瀾(かんらん)山には太宰治(だざいおさむ)の碑がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟹田の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町上蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田石浜青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田樋橋青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田渡青森県東津軽郡外ヶ浜町下蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘野田青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩上野青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟹田の関連情報