蟹田(読み)かにた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟹田
かにた

青森県北西部,外ヶ浜町南部の旧町域。津軽半島東岸,陸奥湾に面する。 1941年町制。 2005年北東に接する平舘村と,北西方に離れて位置する三厩村と合体して外ヶ浜町となった。かつては松前街道に沿う重要な宿駅。第2次世界大戦前はカニ,タラ,イワシなどの水揚げ港としてにぎわった。山地ではヒバの美林が多く,木材を産出。海岸に臨む観瀾山は陸奥湾,下北半島を一望できる景勝地で,山頂には太宰治の文学碑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟹田
かにた

青森県北西部、東津軽郡(ひがしつがるぐん)、津軽半島東岸にあった旧町名(蟹田町(まち))。現在は今別(いまべつ)町をはさんで東西に分かれる外ヶ浜(そとがはま)町の南東部を占める地域。1941年(昭和16)町制施行。2005年(平成17)、東津軽郡平舘(たいらだて)村、三厩(みんまや)村と合併して、外ヶ浜町となった。旧町域の中央部を蟹田川が南東に流れ、JR海峡線が川に沿って走っている。江戸時代には松前街道の宿駅、また背後の山地のヒバ材の積出し港として知られた。陸奥(むつ)湾内でとれるカニ、タラ、シラウオなどの水揚げで活気を呈したが、その後沿岸漁業の不振で、漁港としての重要性が失われた。観瀾(かんらん)山には太宰治(だざいおさむ)の碑がある。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かにた【蟹田】

青森県津軽半島東岸、外ケ浜町の地名。陸奥湾に臨む。蓬田(よもぎだ)と平館の間にあり、松前街道の旧宿場町で、かつては木材積出港として栄えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟹田の関連情報