コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外ヶ浜 ソトガハマ

世界大百科事典 第2版の解説

そとがはま【外ヶ浜】

青森県東津軽郡と青森市にかけての汎称。《詩経》〈小雅〉の〈率土浜(そつとのひん)〉(辺境の意)よりつけられた地名という。西行法師〈陸奥の奥ゆかしくぞ思ほゆる壺の碑(いしぶみ)そとの浜風〉(《山家集》)はその意である。外ヶ浜には善知鳥(うとう)という鳥が住むという。外ヶ浜に流謫されて没した烏頭中納言安方の化身で,親が〈うとう〉と呼ぶと,子が〈やすかた〉と答えるとされる。謡曲《善知鳥》はこの伝説に材を採る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そとがはま【外ヶ浜】

青森県の日本海側の大戸瀬崎辺から津軽半島および陸奥むつ湾の沿岸一帯の地の古称。特に、津軽半島北部外ヶ浜町三厩みんまやの海岸をいう。善知鳥安方うとうやすかたの伝説で名高い。
青森県北部、東津軽郡の町。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外ヶ浜の言及

【境】より

…これはもちろん観念上のことであり,鎌倉幕府の軍事・警察権が高麗(朝鮮)にまで及んでいたわけではけっしてない。実際の日本中世国家の東の境界は陸奥国の外ヶ浜であり,西の境界は鬼界ヶ島であった。境界の地である外ヶ浜とその先にある夷島は,国家的犯罪人の流刑地とされ,他方,かつては鬼のすみかとみられていた鬼界ヶ島は,王化(日本化)が進んで人のすみかとなった後も,なかば日本国に属し,なかば異域に属する両属的な境界の地であると観念され続けるのである。…

※「外ヶ浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外ヶ浜の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩算用師右平野青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘野田才の神青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘根岸湯の沢青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘野田尻高川青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘根岸長屋形青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田中師舘ノ沢青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘今津尻高川青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘根岸父ヶ沢青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘今津才の神青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘今津釜の沢青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘石浜尻高川青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘石崎長屋形青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田中師火箱沢青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田中師苗代沢青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩四枚橋ノ上青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田山本紅葉坂青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩宇鉄家ノ上青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩源兵衛間青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘根岸山居青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘根岸小川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android