コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広神 ひろかみ

2件 の用語解説(広神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広神
ひろかみ

新潟県南東部,魚沼市中西部の旧村域。魚野川の支流破間 (あぶるま) 川の流域にある。 1955年広瀬村と藪神村が合体して広神村が成立。 2004年堀之内町,小出町,湯之谷村,守門村,入広瀬村と合体して魚沼市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広神
ひろかみ

新潟県中部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧村名(広神村(むら))。現在は魚沼市の北西部を占める一地区。2004年(平成16)堀之内(ほりのうち)町、小出(こいで)町、湯之谷(ゆのたに)村、守門(すもん)村、入広瀬(いりひろせ)村と合併、魚沼市となる。旧村域は、破間(あぶるま)川中流段丘面に広がり、中央をJR只見(ただみ)線と国道252号、291号、352号が通じ、小出(こいで)からバスの便もある。古くは広瀬郷とよばれ、穀桑(こくそう)型季節労働の農村であった。現在も農業が基幹産業で、魚沼産コシヒカリの産地として知られる。1980年ごろより農業構造改善事業に力が注がれ、肉牛、養豚、養鶏などの畜産農が盛んとなったが、海外からの肉の輸入増加に伴い生産量は減少している。日本有数の豪雪地帯で、付近にスキー場がある。[山崎久雄]
『『広神村史』全3巻(1980・広神村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広神の関連キーワード新潟県魚沼市魚野地新潟県南魚沼市岡新潟県南魚沼市奥新潟県南魚沼市坂戸新潟県南魚沼市清水新潟県南魚沼市中新潟県南魚沼市中川新潟県南魚沼市中子新田新潟県南魚沼市中野新潟県南魚沼市宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広神の関連情報