堀之内(読み)ほりのうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀之内
ほりのうち

新潟県南東部,魚沼市西部の旧町域。信濃川の支流魚野川下流域に位置する。 1926年町制。 2004年小出町,湯之谷村,広神村,守門村,入広瀬村と合体して魚沼市となった。中心集落の堀之内は江戸時代三国街道宿場町,越後縮の集散地として発達。農産物加工,木工,計器製造,縫製業などのほか花卉栽培が行なわれる。郷土芸能「大の阪」は国の重要無形民俗文化財。魚野川には簗場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀之内
ほりのうち

新潟県中部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧町名(堀之内町(まち))。現在は魚沼市の西部を占める一地区。1926年(大正15)町制施行。2004年(平成16)小出(こいで)町、湯之谷(ゆのたに)村、広神(ひろかみ)村、守門(すもん)村、入広瀬(いりひろせ)村と合併して市制施行、魚沼市となる。旧町域は、魚野川沿岸に位置し、JR上越線、国道17号、252号が通じ、関越自動車道の堀之内インターチェンジがある。近世は三国(みくに)街道の栃原(とちはら)峠越えの宿場町として重きをなし、また、破間(あぶるま)川の谷の堀之内組の大割元(おおわりもと)の置かれた所で、十日町、小千谷(おぢや)とともに越後(えちご)の三大縮(ちぢみ)市場として栄えた。電気、機械、食料品などの中小疎開工場が集中し、活気を帯びている。古くから酪農、養豚、花卉(かき)栽培が盛んで、ハボタンの出荷が名物である。堀之内ヤナ場、下倉城址(したぐらじょうし)など名所旧跡も多く、郷土芸能「大の阪(だいのさか)」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。[山崎久雄]
『『堀之内町史』(1959・堀之内町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀之内の関連情報