コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀之内 ほりのうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀之内
ほりのうち

新潟県南東部,魚沼市西部の旧町域。信濃川の支流魚野川下流域に位置する。 1926年町制。 2004年小出町,湯之谷村,広神村,守門村,入広瀬村と合体して魚沼市となった。中心集落の堀之内は江戸時代三国街道宿場町,越後縮の集散地として発達。農産物加工,木工,計器製造,縫製業などのほか花卉栽培が行なわれる。郷土芸能「大の阪」は国の重要無形民俗文化財。魚野川には簗場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀之内
ほりのうち

新潟県中部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧町名(堀之内町(まち))。現在は魚沼市の西部を占める一地区。1926年(大正15)町制施行。2004年(平成16)小出(こいで)町、湯之谷(ゆのたに)村、広神(ひろかみ)村、守門(すもん)村、入広瀬(いりひろせ)村と合併して市制施行、魚沼市となる。旧町域は、魚野川沿岸に位置し、JR上越線、国道17号、252号が通じ、関越自動車道の堀之内インターチェンジがある。近世は三国(みくに)街道の栃原(とちはら)峠越えの宿場町として重きをなし、また、破間(あぶるま)川の谷の堀之内組の大割元(おおわりもと)の置かれた所で、十日町、小千谷(おぢや)とともに越後(えちご)の三大縮(ちぢみ)市場として栄えた。電気、機械、食料品などの中小疎開工場が集中し、活気を帯びている。古くから酪農、養豚、花卉(かき)栽培が盛んで、ハボタンの出荷が名物である。堀之内ヤナ場、下倉城址(したぐらじょうし)など名所旧跡も多く、郷土芸能「大の阪(だいのさか)」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。[山崎久雄]
『『堀之内町史』(1959・堀之内町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堀之内の関連キーワード南魚沼、魚沼両市の合併の経過六十里越(新潟・福島県境)市川市立市川考古博物館市川市立市川歴史博物館千葉県市川市堀之内魚沼市の庁舎問題愛媛県立美術館堀之内[町]宮柊二記念館愛媛県美術館新潟県魚沼市東京薬科大学坪井正五郎元森熊次郎魚沼[市]堀之内貝塚菊川[町]粗相惣兵衛春野[町]旭テック

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀之内の関連情報