コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯之谷 ゆのたに

2件 の用語解説(湯之谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯之谷
ゆのたに

新潟県南東部,魚沼市南東部の旧村域。越後三山の東側に位置し,大部分が山地。福島県と群馬県に接する。 2004年堀之内町,小出町,広神村,守門村,入広瀬村と合体して魚沼市となった。江戸時代初期には銀山で栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯之谷
ゆのたに

新潟県中東部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧村名(湯之谷村(むら))。現在は魚沼市の南東部を占める地域。2004年(平成16)堀之内(ほりのうち)町、小出(こいで)町、広神(ひろかみ)村、守門(すもん)村、入広瀬(いりひろせ)村と合併して市制施行、魚沼市となる。旧村域は、東部を福島県と、南部を群馬県と接し、銀山(ぎんざん)山地と佐梨(さなし)川の谷を占める広大な山村で、南端は尾瀬を含む。国道17号、352号が通じる。1692年(元禄5)高田藩の上田(うえだ)銀山が開発され、鉱山町が繁栄し、小出まで銀山八宿が定められ、大湯、栃尾又(とちおまた)はその温泉宿場町で栄えたが、銀山平は近代になって銀山衰退後、出作(でづく)り山村に変わった。1953年(昭和28)から奥只見(ただみ)電源開発事業が始まり、銀山湖(奥只見湖)、奥只見ダムができ、電源開発トンネル輸送路もシルバーラインとよぶ観光道になり、一大観光地に変わった。越後三山(えちごさんざん)只見国定公園に属し、大湯、栃尾又のほか折立(おりたて)・駒の湯(こまのゆ)温泉などがあり、湯之谷温泉郷を形成する。スキー場、キャンプ場にも恵まれ、多くの観光客を集めている。[山崎久雄]
『星野徳市郎編『藪神庄湯之谷郷』(1970・湯之谷村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯之谷の関連キーワード新潟県南魚沼市岡新潟県南魚沼市奥新潟県南魚沼市坂戸新潟県南魚沼市清水守門〈村〉新潟県南魚沼市関新潟県南魚沼市中広神〈村〉新潟県南魚沼市南田中新潟県南魚沼市宮

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯之谷の関連情報