魚沼市(読み)うおぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚沼〔市〕
うおぬま

新潟県南東部,魚野川の流域に広がる市。魚沼丘陵三国山脈に挟まれた六日町盆地の北方に位置し,東で福島県,南で群馬県に接する。 2004年堀之内町,小出町,湯之谷村,広神村,守門村,入広瀬村の6町村が合体。魚沼コシヒカリの生産拠点として知られるほか,ユリ,山菜などを特産。魚野川はアユ釣りの名所として知られる。山林・原野が市域の 75%を占め,日本有数の豪雪地帯でもある。湯之谷の奥只見ダムや入広瀬の破間川ダムなどで発電を行なっている。大湯温泉,栃尾又温泉などの温泉地やスキー場が点在し,多くの観光客を集める。堀之内の郷土芸能「大の阪」と広神の「牛の角突きの習俗」は国の重要無形民俗文化財。市域の一部が尾瀬国立公園および越後三山只見国定公園に指定されている。 JR上越線が市の西部を縦断し,小出で只見線に接続。国道 17号線,252号線,352号線などが通り,関越自動車道インターチェンジがある。面積 946.76km2。人口 3万7352(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚沼市の関連情報