コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

店頭取引 てんとうとりひきover-the-counter transaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

店頭取引
てんとうとりひき
over-the-counter transaction

証券会社と投資家の間の相対取引。OTC(オーバー・ザ・カウンター)とも呼ばれる。証券会社店先で投資家と売買するという意味で名づけられた。株式取引は原則として,金融商品取引法で定めた金融商品取引所証券取引所)にすべての売買注文を集中させることになっている。これを取引所取引という。取引所取引以外の取り引きの総称を店頭取引といい,債券非上場株式(→上場株)は,顧客の注文を証券会社が自己勘定の売買で成立させている。店頭取引の円滑化のため,証券会社同士の売買市場として,債券は日本相互証券,株式は日本店頭証券が取引所的な仲介機能を果たしてきた。特に株式の場合,日本証券業協会が登録制度に基づいて一定の条件を満たした株式の売買を集中化させた。これを店頭市場と呼んだが,2004年に業態を転換しジャスダック証券取引所が創設された。(→JASDAQ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんとう‐とりひき【店頭取引】

店先で行う売買。
証券取引所(金融商品取引所)でなく、証券会社の店頭で行う証券の売買。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

店頭取引

広義には、証券会社の店頭でおこなわれる取引全てを指し、日本証券業協会の規則に従っておこなわれている。投資家と証券会社が相対売買をおこなう「仕切り」形式(=仕切売買)が主流だが、投資家同士の売買を仲介する「媒介」形式でおこなわれる場合もある。日本証券業協会の規則において、「店頭取引」とは、店頭有価証券の売買のみを指し、上場株券等の店頭取引は「取引所外売買」、公社債の売買は「店頭売買」、外国証券の売買は「国内店頭取引」と、区別されている。証券取引所に上場されている株券等は、1998年11月以前は取引所集中義務があり、一部の例外を除き証券取引所で売買することが義務付けられていたが、同年12月1日以降は店頭取引(取引所外売買)が可能になった。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

ワイジェイFX用語集の解説

店頭取引

取引所取引と異なり、売買する当事者間で、数量、価格、決済方法を決定する取引方法の事です。

出典|ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんとうとりひき【店頭取引】

店先で売り買いすること。
証券取引所でなく、証券会社の店頭で売買すること。非上場株と上場国債以外の債券が対象となる。店頭売買。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

店頭取引
てんとうとりひき

有価証券の売買が証券業者の店頭(市場)で、相対売買の方法で行われる取引のこと。ただし、一般に「店頭取引」という場合には、日本証券業協会の規則に従い、店頭有価証券の売買のみをさす。ここで取引証券が店頭有価証券ではなく、上場株券等の場合には「取引所外売買」、公社債の場合には「店頭売買」、外国証券の場合には「国内店頭取引」といい、それぞれ区別されている。
 そもそも店頭取引は、第二次世界大戦後、上場株式以外の株式が日本証券業協会の監督・指導のもとに店頭で取引されてきたものである。ところが、その後の店頭株の急増に伴い、1961年(昭和36)から二部市場が設けられて、店頭取引による非上場株式がそれに吸収された。その後、二部上場基準に満たない株式の投機的な取引が増えてきたので、アメリカの市場制度に倣って、日本証券業協会が管理制度を設け、店頭登録銘柄について1963年より売買管理し、取引状況を一般に公開していた。その後、店頭売買取引は店頭売買有価証券市場(旧JASDAQ(ジャスダック)市場)で行われていたが、2004年(平成16)に同市場を運営するジャスダック証券取引所が創設されたことにより、店頭登録銘柄がすべて取引所上場銘柄となったため、「店頭登録銘柄」というものは、現在は存在しない。つまり、現在の店頭取引における店頭有価証券は、それまでの店頭登録銘柄とはまったく別の概念である。
 店頭有価証券は「店頭取扱有価証券」と「それ以外の店頭有価証券」に区分される。後者は「青空銘柄」ともよばれるが、証券会社は一般顧客等への勧誘行為が禁止され、適格機関投資家などのプロのみが売買を行う銘柄とされている。他方、前者は有価証券報告書を提出しなければならない会社、または、会社内容説明書を作成している会社が発行する株券等なので、一般に「継続開示会社、または、一定レベルの開示ができる銘柄」と考えられることから、証券会社が一般の顧客に対して、売買その他の取引の勧誘を行うことが禁じられていない。また、店頭取扱有価証券のうち「グリーンシート銘柄」および「フェニックス銘柄」とは、日本証券業協会に所属する会員(証券会社等)が気配提示を行ったうえで投資勧誘を行うことができる銘柄のことである。
 なお、店頭取引においては成行(なりゆき)での注文が禁止されているほか、信用取引および未発行店頭有価証券の取引が禁止されている。[桶田 篤・前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の店頭取引の言及

【株式取引】より

…株式取引は,証券取引所を通じる取引所取引と,店頭取引等のそれ以外の取引(市場外取引)とに大別される。日本では,取引所取引が株式取引の中心をなしている。…

【店頭市場】より

…一般に,証券会社の店頭で行われる有価証券の売買を店頭取引と称し,店頭取引が行われているところを全体的にとらえて店頭市場といっている。証券取引所には立会場があって,そこで組織的な売買が行われているが,店頭市場には一定の集会場所はなく,証券会社間あるいは証券会社と顧客との相対(あいたい)で取引が行われている状態を,抽象的にとらえたものである。…

※「店頭取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

店頭取引の関連キーワードインターコンチネンタル取引所NASDAQJB Net市場取引用語マーケット中堅企業ユーロ債株式市場普通取引アスキー場外取引株式取引店頭登録気配値店頭株場外株

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

店頭取引の関連情報