コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取引所外取引 トリヒキジョガイトリヒキ

2件 の用語解説(取引所外取引の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりひきじょがい‐とりひき〔とりひきジヨグワイ‐〕【取引所外取引】

金融商品取引所を通さずに有価証券を売買すること。相対売買ダークプール私設取引システムPTS)を利用した売買など。場外取引

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

取引所外取引
とりひきじょがいとりひき

上場証券の取引を、取引所を経由せず行うこと。証券会社との相対(あいたい)取引や、証券会社内部のクロッシング市場(機関投資家からの注文や自己勘定取引の注文、個人投資家からの注文など、社内を通る注文どうしを付け合わせること)、私設取引システム(PTS)を利用した取引がこれにあたり、場外取引ともよばれる。上場債券の取引所外取引は以前から認められていたが、上場株式については、1998年(平成10)12月に取引所集中義務が撤廃されるまで厳しく制限されていた。なお、証券会社との相対取引でも、取引所のシステムを使って行われる取引は立会外取引として区別される。
 取引価格が取引所内取引と取引所外取引で大きく乖離(かいり)し、取引の公平性が損なわれるのを避けるため、立会時間内に行われる取引所外取引は、取引所直近時価を基準として日本証券業協会が定めた制限範囲内の価格に制限されている。また、取引の透明性を保つため、売買成立後5分以内に日本証券業協会に対して売買報告を行うことが義務づけられている。こうした、取引所外での上場証券の売買に関する規制は、日本証券業協会の「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などに制定されている。
 取引所外取引や立会外取引は、1銘柄当りの売買単位が大きい場合や、たくさんの銘柄を一度に執行するバスケット取引の場合も、証券会社との合意しだいで瞬時に取引を成立させることができるため、機関投資家を中心に需要が高まっている。
 また、2009年末時点で、六つのPTSが開設されているほか、証券会社内部のクロッシング市場の一部として、気配や注文数量を公表しないダークプールとよばれる仕組みが市場参加者の人気を集めている。こうした取引所外取引は、立会外取引とともに市場間の競争を促進する役目を果たしている。[大村敬一・井上美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取引所外取引の関連キーワード金融商品取引所地場流通市場OTCジョバー第一種金融商品取引業第二種金融商品取引業金融商品仲介業金融商品取引業混蔵保管

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

取引所外取引の関連情報