コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭瀬 にわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭瀬
にわせ

岡山市西部の地区。旧町名。 1937年撫川 (なっかわ) 町と合体して吉備町となり,71年岡山市に編入。かつて足守川に沿う河港で,近世は米の積出港となり,板倉氏の陣屋,戸川氏知行所がおかれた。隣接する撫川に戸川氏の家臣が住み,内職につくっていたうちわ (透かし入り) は現在も伝統を伝える。米,イグサ,畳表の産地。住宅,中小工場などの進出が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庭瀬
にわせ

岡山市北区南西部の一地区。旧庭瀬町は1937年(昭和12)撫川(なつかわ)町と合併して吉備(きび)町となり、1970年(昭和45)岡山市へ編入。庭瀬地区は庭瀬川(旧、高梁(たかはし)川東分流)左岸にあり、右岸の撫川地区とは対向集落をなした。近世には遡航(そこう)上限の川湊(かわみなと)また庭瀬藩の陣屋町であった。かつてはイグサ栽培が盛んで畳表(たたみおもて)を生産したが、現在は工場立地や宅地化が著しい。政治家犬養毅(いぬかいつよし)の生家は国の重要文化財に指定されている。特産の撫川うちわは庭瀬藩士が内職に始めたものという。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

庭瀬の関連キーワード十二ヶ郷用水撫川うちわ庭瀬 康二岡山[県]犬養 毅板倉重高戸川正安森田葆庵久世重之戸川安宣戸川安広三島松韻松平信通宮崎 晃戸川逵安海野蠖斎板倉勝全桃井儀八幾田伊俊戸川逵索

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庭瀬の関連情報