コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭燎 にわび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭燎
にわび

祭場で焚く篝火。「ていりょう」ともいう。特に宮中で神楽のときに焚く篝火をいう。神を招くとともに,照明の役をももつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐りょう〔‐レウ〕【庭×燎】

庭でたくかがり火。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていりょう【庭燎】

昔、宮中の庭で、夜中参内の諸臣のために焚いたかがり火。にわび。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庭燎
にわび

夜間、庭で焚(た)いて照明とする火。人々が初めて用いた灯火は焚き火であったが、古くはこれを庭燎と書いて「邇波比(にはび)」と読んでいた。記紀の神話が伝える「天岩戸(あめのいわと)」の挿話でも、天鈿女命(あめのうずめのみこと)の舞踊が、庭燎を焚いて行われている。のち宮廷・神社での御神楽(みかぐら)でも、かならず庭上に庭燎を焚いたので、この神楽の笛を庭燎の笛とよんだ。庭燎はその後も長く宮廷、社寺、武家、民間の儀式や軍陣などに際して行われた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

庭燎の関連情報