(読み)ろう

精選版 日本国語大辞典「廊」の解説

ろう ラウ【廊】

〘名〙 建物と建物を結び、あるいは建物から突出した細長い建物。また、寺院の回廊。ほそどの。わたどの。廊廡(ろうぶ)
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「合廊壱院」 〔韓偓‐倚酔詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廊」の解説

ろう〔ラウ〕【廊】

廊下。回廊。「を巡らす」
寝殿造りなどで、建物と建物とをつなぐ、屋根のついた通路渡殿わたどの細殿ほそどの

ろう【廊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウラウ)(呉)(漢)
部屋と部屋とをつなぐ通路。「廊下画廊回廊柱廊歩廊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【廊下】より

…建物の内部に設けられた通路や,建物と建物をつなぐ通路用の建物を指す。
[日本]
 中世までは,建物内部の廊下はまれで,建物をつなぐためのものが一般的であり,たんに廊と呼ぶことが多かった。寺院や内裏では,中庭を囲んで門や建物を結ぶ回廊が設けられた。…

※「廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android