コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延拍子 のべびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延拍子
のべびょうし

雅楽理論用語。「早拍子」に対する。唐楽のリズムの一種で,管弦においては洋楽の4分の8拍子,舞楽においては洋楽の2分の4拍子に相当する。規準になる音符の音価は早拍子の2倍であるが,テンポもそれだけ遅くなるというものではなく,フレージング (フレーズの切り方) の違いだともいえる。『万歳楽』『春庭楽』などが延拍子の曲で,吹物譜では,唱歌の大きいカナが一小節に4個入る。延拍子は,シンコペーション風な旋律進行を特徴とし,篳篥 (ひちりき) や竜笛 (りゅうてき) は,強弱のなだらかな変化やブレスの変化などによって,優雅な味わいを強調して奏する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のべ‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【延(べ)拍子】

雅楽のリズムのとり方の一。8拍を一単位とするもので、早拍子よりもテンポがゆったりしている。→早拍子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android