コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早拍子 はやびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早拍子
はやびょうし

雅楽理論用語。唐楽のリズムを表わす用語で,「延 (のべ) 拍子」に対する。単に早 (はや) ともいう。管弦においては洋楽の4分の4拍子,舞楽においては2分の2拍子に相当し,吹物譜では唱歌の大きなカナが原則として1小節に2字入っているものをいう。打楽器奏法の違いから早四拍子 (はやよひょうし。『越天楽』『胡飲酒破』など) ,早六拍子 (はやむひょうし。『春鶯囀』入破) ,早八拍子 (はややひょうし。『五常楽』急,『陵王』など) の3種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はや‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【早拍子】

音楽で、早い拍子。
雅楽のリズムのとり方の一。4拍を一単位とするもので、延べ拍子よりテンポが速い。→延べ拍子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

早拍子の関連キーワード天津司舞延拍子早楽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android