コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弔旗 チョウキ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐き〔テウ‐〕【弔旗】

弔意を表すために掲げる国旗竿の球を黒布で包み、球と旗竿との間に細長い黒布をつけたり半旗にしたりしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうき【弔旗】

とむらいの気持ちをあらわして掲げる旗。竿球を黒布で覆い、旗の上に細長い黒布を付ける。また、単に半旗にする場合をもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弔旗の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥弔意

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弔旗の関連情報