錦の御旗(読み)にしきのみはた

精選版 日本国語大辞典「錦の御旗」の解説

にしき【錦】 の 御旗(みはた)

① 赤地の錦に、金銀を以て日月を刺繍し、または描いた旗。承久の乱の時、後鳥羽上皇より官軍の大将に賜わったのが最初といわれ、以後、叛徒征討の時には必ず官軍の大将に与えられた。戊辰戦争の時に、明治天皇から賜わったものが、東京国立博物館に現存。錦旗(きんき)
※梅松論(1349頃)上「元弘二年冬楠兵衛尉正成〈略〉無双の要害を城に構て、錦の御旗をあげしかば」
② 他に対して自己の主張などを権威づけるものとしてかかげる名分。
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉宵の強盗その他「新カナと漢字制限のニシキのミハタは、児童の学習負担を軽減するという考え方であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「錦の御旗」の解説

にしき‐の‐みはた【錦の御旗】

赤地の錦に、日月を金銀で刺繍(ししゅう)したり、描いたりした旗。鎌倉時代以後、朝敵を征討する際に官軍の旗印に用いた。錦旗(きんき)。
自分の行為・主張などを権威づけるために掲げる名分。「環境保護を錦の御旗に掲げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android