錦の御旗(読み)にしきのみはた

精選版 日本国語大辞典「錦の御旗」の解説

にしき【錦】 の 御旗(みはた)

① 赤地のに、金銀を以て日月を刺繍し、または描いた。承久の乱の時、後鳥羽上皇より官軍の大将に賜わったのが最初といわれ、以後、叛徒征討の時には必ず官軍の大将に与えられた。戊辰戦争の時に、明治天皇から賜わったものが、東京国立博物館に現存。錦旗(きんき)
※梅松論(1349頃)上「元弘二年冬楠兵衛尉正成〈略〉無双の要害を城に構て、錦の御旗をあげしかば」
② 他に対して自己の主張などを権威づけるものとしてかかげる名分。
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉宵の強盗その他「新カナと漢字制限のニシキのミハタは、児童の学習負担を軽減するという考え方であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「錦の御旗」の解説

にしき‐の‐みはた【錦の御旗】

赤地の錦に、日月を金銀で刺繍ししゅうしたり、描いたりした旗。鎌倉時代以後、朝敵を征討する際に官軍の旗印に用いた。錦旗きんき
自分の行為・主張などを権威づけるために掲げる名分。「環境保護を錦の御旗に掲げる」
[類語](1白旗赤旗手旗社旗錦旗弔旗半旗反旗ペナントZ旗/(2名目口実隠れみの表向き表看板美名綺麗事大義大義名分仮託かこつける託するよそえる盾に取る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android