コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦の御旗 ニシキノミハタ

デジタル大辞泉の解説

にしき‐の‐みはた【錦の御旗】

赤地の錦に、日月を金銀で刺繍(ししゅう)したり、描いたりした旗。鎌倉時代以後、朝敵を征討する際に官軍の旗印に用いた。錦旗(きんき)。
自分の行為・主張などを権威づけるために掲げる名分。「環境保護を錦の御旗に掲げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきのみはた【錦の御旗】

官軍のしるしである旗。赤い錦地に日月を金銀で刺繡ししゆうしたもの。
その行為や主張を正当化し、権威づけるもの。 「公害防止を-とする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錦の御旗の関連キーワード月山日和城辻 靖剛赤松則村日野勝光村上義光臨調政治官軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦の御旗の関連情報