コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦理論 げんりろんstring theory

翻訳|string theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弦理論
げんりろん
string theory

点粒子の代わりに,一次元的に広がった弦の運動を扱う量子論。1970年頃,ハドロンを広がった素粒子としてとらえ,その模型として初めて定式化された(双対共鳴模型)。ハドロンを記述する理論として量子色力学が導入されたあとは,量子色力学と弦理論の関係が研究された。今日では超対称性を備えた弦の理論である超弦理論が,10-35m程度の非常に小さなスケールでの究極の統一理論として研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐りろん【弦理論】

string theory》粒子は大きさのない質点でなく、一次元の弦(ひも)で記述されると考える理論。1970年代に南部陽一郎、サスキンド、ニールセンハドロンの理論として独立に発表。現在は超対称性を取り入れた超弦理論という統一理論に興味が向けられている。ひも理論。ストリング理論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弦理論の関連キーワードスーパーストリング理論ホログラフィック原理数物連携宇宙研究機構素粒子の標準理論相互作用(物理)一般相対性理論重力相互作用素粒子物理学万有引力定数ボーチャーズ量子重力理論発散の困難統一場理論超ひも理論数理物理学場の量子論ウィッテン量子重力素粒子論アティヤ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弦理論の関連情報