コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦理論 げんりろん string theory

翻訳|string theory

2件 の用語解説(弦理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弦理論
げんりろん
string theory

点粒子のかわりに,一次元的に広がったひもの運動を扱う量子論。 1970年頃,ハドロンを広がった素粒子としてとらえ,その模型として初めて定式化された (双対共鳴模型) 。ハドロンを記述する理論として量子色力学が導入されたあとは,量子色力学と弦理論の関係が研究された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げん‐りろん【弦理論】

string theory》粒子は大きさのない質点でなく、一次元の弦(ひも)で記述されると考える理論。1970年代に南部陽一郎、サスキンド、ニールセンハドロンの理論として独立に発表。現在は超対称性を取り入れた超弦理論という統一理論に興味が向けられている。ひも理論。ストリング理論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弦理論の関連キーワードスピン量子数素粒子反粒子超弦理論基本粒子反粒子と反物質重粒子(バリオン)string tiestring-of-heartsstring figures

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弦理論の関連情報