コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性エネルギー だんせいエネルギーelastic energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾性エネルギー
だんせいエネルギー
elastic energy

ひずみエネルギーともいう。弾性体内にたくわえられているエネルギーで,弾性力に打勝って弾性体を変形させるために外から加えた仕事に等しい。自然の長さから x だけ伸びたばね定数 k のばねでは,弾性エネルギーは kx2/2 ,また種々の微小変形に対して対応する弾性係数を λ ,ひずみe とすれば λe2/2 である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんせい‐エネルギー【弾性エネルギー】

変形している弾性体の蓄えている位置エネルギー。ひずみのエネルギー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんせいエネルギー【弾性エネルギー elastic energy】

固体の中では,ひずみがないときに原子はエネルギーのもっとも低い配置になっている。ひずみは,原子の位置をエネルギー最低の配置からずらすことになるから,物体のエネルギーは増大する。このエネルギーの増加分を弾性エネルギー,またはひずみエネルギーstrain energyと呼ぶ。変形に伴って応力のなす仕事が,これに対応する。弾性エネルギーは,原子の配置の変化に伴って増加するエネルギーであるからポテンシャルエネルギー(位置エネルギー)であり,外力を0にすると,ひずみが0に戻るとともにエネルギーも元に戻ってしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だんせいエネルギー【弾性エネルギー】

変形した弾性体の中に蓄えられているエネルギー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の弾性エネルギーの言及

【位置エネルギー】より

…これが伸びx0のばねにとりつけられた物体の位置エネルギーである。ここでの物体の位置エネルギーをばねに蓄えられたエネルギーとみて,ばねの弾性エネルギーと呼ぶこともある。重力の場合,位置エネルギーは高さだけで決まり,地上からその位置までの道筋や,そこまでもち上げる方法にはよらない。…

【弾性】より

…これが応力の原因である。逆にいえば,ひずみが生じている物体はそれだけエネルギーを蓄えていることになり,このエネルギーを弾性エネルギーと呼ぶ。伸びのひずみを起こす応力は,面に垂直な方向の力(伸びの応力)であり,また,ずれのひずみを起こさせる応力は面に平行な力である。…

※「弾性エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弾性エネルギーの関連キーワードショックアブソーバーミーゼスの降伏条件エントロピー弾性自由エネルギー金森の式ばね定数ぜんまい山跳ね山はね磁歪磁区衝突ばね

弾性エネルギーの関連情報