コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾道学 だんどうがく ballistics

翻訳|ballistics

4件 の用語解説(弾道学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾道学
だんどうがく
ballistics

銃砲弾やミサイルなどの推進,飛行,着弾時の衝撃に関する学問。砲内弾道学は,銃砲身内部における銃砲弾やミサイルの発射時における推進を扱う。銃砲やミサイルのエンジンは,発射薬や推進剤の化学エネルギーを銃砲弾やミサイルの運動エネルギーに変換する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんどう‐がく〔ダンダウ‐〕【弾道学】

弾道を研究する学問。弾丸の運動状況を研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弾道学【だんどうがく】

弾丸の通過経路を弾道といい,弾丸が火砲内で静止の位置から火薬ガスの力で押し出され砲身中を運動する砲内弾道,空中を飛ぶ間の砲外弾道,目標を破壊する間の侵徹弾道に分かれ,これらを取り扱う物理・化学的理論を弾道学という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾道学
だんどうがく
ballistics

14世紀ヨーロッパに出現した大砲は、目標に向けていかに正確に弾丸を発射するか理論的追求を重ねた結果、新たに弾道学の分野が開拓された。17世紀、ガリレオによる弾丸の放物線運動の発見以来、20世紀初頭にかけ、弾道学は精密科学として理論化が促進された。現在は弾道ミサイルの発達により、弾道学理論はいっそう緻密(ちみつ)化されている。弾道学によると弾丸あるいは弾道ミサイルはCEP(円形半数必中径)の誤差を有している。CEPとは射弾の半数が目標を中心とする円形の範囲に収まることを意味するが、弾道学ではこのCEPをいかに縮小するかが最大の目的である。実際の射撃に際しては、砲の操作が容易なように射撃諸元を修正した射表を用いるが、この射表こそ弾道学の成果の凝縮といえよう。このため弾道学では、砲内弾道(弾道ミサイルでは推進弾道)、砲外弾道、侵徹弾道に区分し、とくに砲内弾道、砲外弾道に関しては、さまざまな研究、実験がなされてきた。19世紀なかばに弾丸は球弾から尖頭(せんとう)弾へ移行し、また砲身にライフルを刻んだ後装ライフル砲が登場したが、これも弾道学の成果といえよう。砲内弾道は発射薬の燃焼状況と砲腔(ほうこう)内状況とによる弾丸の運動で、この研究については18世紀のM・D・ライール、19世紀のロドマン・ゲージの発明者ロドマンらの功績があげられる。砲外弾道に関しては、ニュートンの理論形成以来、近世のB・ロビンス、カバリ、マイエフスキーらの実験が著名である。[猪口修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾道学の関連キーワード巡航ミサイルミサイル核ミサイル着弾核攻撃クルーズミサイルミサイル迎撃ミサイル迎撃ミサイル誘導ミサイルイージス艦と機密情報

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾道学の関連情報