コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲン

デジタル大辞泉の解説

げん【彦】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゲン(呉)(漢) [訓]ひこ
容姿や才に秀でた男子。「俊彦諸彦
[名のり]お・さと・ひろ・やす・よし

ひ‐こ【×彦】

《「日子」の意》男子美称。多く、男子の名前につけて用いる。「天稚(あめわか)」「海幸」⇔

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひこ【彦】

〔「日子」の意という〕
男子の美称。多く男の名につけて使われる。 ↔ 「海幸-」 「猿田-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひこ

男子の呼称で、姫(ひめ)の対。現代では男子の名前の下につけて「~彦」のように用いられることが多いが、上代では、「彦星」や「海幸彦」のように、上にも下にもついた形で現れ、上につく形が古いとされる。ただし、男子の意味で単独に用いられたかどうか確実な用例はなく、男神の名前についた形の例が多い。語源には諸説あるが、「日子(ひこ)」の義で、「ひ」は美称、「こ」は子供・子孫の意とするのが一般である。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【ヒメ・ヒコ制】より

…古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。…

※「彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彦の関連キーワード長野県上伊那郡辰野町小野ソウルの風景/記憶と変貌グランパのふしぎな薬燃えながら飛んだよ!岡山県岡山市北区一宮昔、そこに森があった飛べよ、トミー!大阪府柏原市平野奈良県御所市北窪ふしぎなともだち火折尊・火遠理命彦五十狭芹彦命風吹きめぐる天押帯日子命モロッコ流謫アメリカ彦蔵彦人大兄皇子三重の寒梅葛城襲津彦高田源兵衛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彦の関連情報