コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲン

デジタル大辞泉の解説

げん【彦】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゲン(呉)(漢) [訓]ひこ
容姿や才に秀でた男子。「俊彦諸彦
[名のり]お・さと・ひろ・やす・よし

ひ‐こ【×彦】

《「日子」の意》男子美称。多く、男子の名前につけて用いる。「天稚(あめわか)」「海幸」⇔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひこ【彦】

〔「日子」の意という〕
男子の美称。多く男の名につけて使われる。 ⇔ 「海幸-」 「猿田-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひこ

男子の呼称で、姫(ひめ)の対。現代では男子の名前の下につけて「~彦」のように用いられることが多いが、上代では、「彦星」や「海幸彦」のように、上にも下にもついた形で現れ、上につく形が古いとされる。ただし、男子の意味で単独に用いられたかどうか確実な用例はなく、男神の名前についた形の例が多い。語源には諸説あるが、「日子(ひこ)」の義で、「ひ」は美称、「こ」は子供・子孫の意とするのが一般である。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【ヒメ・ヒコ制】より

…古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。…

※「彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彦の関連情報