コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ゲン

4件 の用語解説(彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げん【彦】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゲン(呉)(漢) [訓]ひこ
容姿や才に秀でた男子。「俊彦諸彦
[名のり]お・さと・ひろ・やす・よし

ひ‐こ【×彦】

《「日子」の意》男子の美称。多く、男子の名前につけて用いる。「天稚(あめわか)」「海幸」⇔

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひこ【彦】

〔「日子」の意という〕
男子の美称。多く男の名につけて使われる。 ↔ 「海幸-」 「猿田-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひこ

男子の呼称で、姫(ひめ)の対。現代では男子の名前の下につけて「~彦」のように用いられることが多いが、上代では、「彦星」や「海幸彦」のように、上にも下にもついた形で現れ、上につく形が古いとされる。ただし、男子の意味で単独に用いられたかどうか確実な用例はなく、男神の名前についた形の例が多い。語源には諸説あるが、「日子(ひこ)」の義で、「ひ」は美称、「こ」は子供・子孫の意とするのが一般である。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【ヒメ・ヒコ制】より

…古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。…

※「彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

彦の関連キーワード耀

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彦の関連情報