コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

征東行省 セイトウコウショウ

3件 の用語解説(征東行省の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいとう‐こうしょう〔‐カウシヤウ〕【征東行省】

中国、代の官署名。1280年、日本侵攻のための軍事機関として朝鮮に設置。日本遠征失敗後は、朝鮮を統治する軍政機関となった。正式の名称は、征東等処行中書省

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいとうこうしょう【征東行省】

元が朝鮮の高麗に設置した機関。正しくは征東等処行中書省。1287年に設置。名称は同じだが,それ以前に間欠的に存在した,日本侵略遂行のための臨時的軍事機関たる征東行省とはまったく別個のもので,歴代高麗王を長官(丞相)とし,左右司,理問所ほかの付属官司と官吏を備えて,地方統制機関としての性格をもつ常置の機構であった。ただ,長官補佐の官は原則として空位のまま置かれた。元は同行省の設置によって,平時には自己に対する高麗の隷属的地位を明示してその動向を牽制し,しかも,忠烈王時にみられたように,有事の際には随時元人を長官補佐の官として派遣して,それを高麗の内政監督用の機関に転換させることを図ったのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいとうこうしょう【征東行省】

日本に進攻するため、元が高麗こうらいに設けた軍務所。征東行中書省。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

征東行省の関連キーワード高麗高麗図経中枢院日本府高麗焼順道統監府史庫北朝鮮の鉱物資源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone