後志国(読み)しりべしのくに

百科事典マイペディアの解説

後志国【しりべしのくに】

1869年蝦夷地を北海道と改めた際建置された11ヵ国の一つ。北海道西部,奥尻(おくしり)・太櫓(ふとろ)・瀬棚(せたな)・島牧(しままき)・積丹(しゃこたん)・小樽(おたる)など17郡を含み,江戸時代から鰊漁で栄えた地域。廃藩置県後札幌県・函館県をへて,1886年から北海道庁管下。現在の後志地域と檜山(ひやま)地域の一部にあたる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android