後藤 得三(読み)ゴトウ トクゾウ

20世紀日本人名事典の解説

後藤 得三
ゴトウ トクゾウ

昭和期の能楽師(喜多流シテ方)



生年
明治30(1897)年1月17日

没年
平成3(1991)年7月22日

出生地
大阪市堂島

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和38年〕「卒都波小町」,芸術祭大賞〔昭和42年〕「鉄輪」「黒塚」,勲三等瑞宝章〔昭和59年〕

経歴
12歳で喜多六平太に入門。大正15年喜多流職分、46年後藤得三の会を発足。シテ方の第一人者で、昭和45年人間国宝に指定され、57年には日本芸術院会員となる。著書に「後藤得三芸談」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

後藤 得三
ゴトウ トクゾウ


職業
能楽師(喜多流シテ方)

肩書
重要無形文化財保持者(シテ方)〔昭和45年〕,日本芸術院会員〔昭和57年〕

生年月日
明治30年 1月17日

出生地
大阪府 大阪市堂島

経歴
明治42年上京して、14代目喜多六平太に入門。仕舞「小鍛治」で初舞台。大正15年喜多流職分。昭和29年第1回能楽渡欧団の一員としてベネチア国際演劇祭に参加。32年には第2回能楽渡欧団でパリ文化祭に参加。同年より日本能楽会会員。46年後藤得三の会を発足。45年人間国宝に認定され、57年には日本芸術院会員となる。名手・六平太の高弟として師の長所を忠実に受け継ぎ、切れ味鋭い鮮やかな技で、昭和後期の能楽界を代表する演者といわれた。代表的な舞台に「道成寺」「江口」「鸚鵡小町」「翁」「三輪」「芦刈」など。著書に「後藤得三芸談」がある。

所属団体
日本能楽会,能楽協会

受賞
日本芸術院賞(昭37年度)〔昭和38年〕「卒都波小町」 勲三等瑞宝章〔昭和59年〕 芸術祭賞大賞(第21回 昭41年度)〔昭和42年〕「鉄輪」「黒塚」

没年月日
平成3年 7月22日 (1991年)

家族
兄=後藤 夜半(俳人),弟=喜多 実(喜多流15代目宗家)

伝記
昭和能楽黄金期―山崎有一郎が語る名人たち人間国宝 後藤得三翁随聞記 山崎 有一郎 著,三浦 裕子 聞き手穂積 生萩 著(発行元 檜書店ぺりかん社 ’06’92発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

後藤 得三 (ごとう とくぞう)

生年月日:1897年1月17日
昭和時代の能楽師(喜多流シテ方)
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android