喜多六平太(読み)キタロッペイタ

百科事典マイペディアの解説

喜多六平太【きたろっぺいた】

能楽師。シテ方。喜多流14世宗家。喜多流再興に苦心があり,芸術上も指導者に恵まれなかったが,独自の芸風をうちたて,気迫の激しさ,表現の変幻自在において比類ない名人。養嗣子喜多実後藤得三友枝喜久夫らの逸材を育てた。1947年芸術院会員,1953年文化勲章,1955年人間国宝。
→関連項目野口兼資

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたろっぺいた【喜多六平太】

1874‐1971(明治7‐昭和46)
能楽師,シテ方喜多流14世宗家。東京生れ。幼名,千代造。父宇都野鶴五郎は幕臣,母まつは12世宗家喜多六平太能静の三女。1879年喜多家に入籍,84年宗家継承,94年六平太を襲名した。実名は六平太能心。幼時は喜多流が極度に衰微した時期で,師匠運に恵まれず,分家や多くの弟子家に師事して苦心のすえ独創的な芸を確立,流儀を隆盛に導いた。力強い謡と型による絢爛(けんらん)として変幻自在の演技,曲ごとに内容把握を示す理知的な芸風で知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きたろっぺいた【喜多六平太】

1874~1971) 能楽師。シテ方喜多流一四世宗家。東京生まれ。幼名、千代造。さえた技と工夫の新鮮さによって名人と称せられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多六平太
きたろっぺいた
(1874―1971)

能のシテ方、喜多流14世宗家。母は12世喜多能静(のうせい)の三女。旧幕臣宇都野鶴五郎の二男として東京に生まれる。幼名千代造。1881年(明治14)7歳で喜多宗家を継ぎ、のち六平太を名のる。号は能心。流儀再興に辛苦し、芸術面でも一貫した指導者に恵まれなかったが、独自の芸風を打ち立てた。とりわけ、気迫の強さ、鮮烈な技(わざ)、表現の自在など、追随を許さぬ名人であり、能界最長老として後進の指導にあたった。1947年(昭和22)日本芸術員会員。53年文化勲章受章。55年重要無形文化財保持者に認定。73年に再建された喜多能楽堂は、彼の名をとって14世喜多六平太記念能楽堂と命名された。養子に15世宗家喜多実(みのる)がいる。なお六平太は流祖喜多七大夫(しちたゆう)の幼名で、12世能静もこれを称し、現在喜多長世も16世六平太を名のる。[増田正造]
『喜多六平太著『六平太芸談』(1965・同文舘出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きた‐ろっぺいた【喜多六平太】

能楽師。シテ方。喜多流宗家一四世。幼名、千代造。号、能心。東京出身。はなやかで闊達(かったつ)自在な芸風で、衰えた能界を復興。著書に「六平太芸談」がある。明治七~昭和四六年(一八七四‐一九七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android