後頭神経痛(読み)こうとうしんけいつう(英語表記)occipital neuralgia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後頭部に起る神経痛。原因は外傷,神経の圧迫などが多く,ほかにウイルス感染も原因となる。後頭部筋肉の持続的収縮や,むちうち症に合併することもある。疼痛は一般に両側性かつ持続性で,発作的なものは少い。後頭部から頭頂に及び,激しいものでは前額,眼窩部に放散する。治療は鎮痛剤筋弛緩剤投与温熱療法など,対症的に行う。激しい痛みが続けば,大小後頭神経や第2頸椎の神経ブロックも試みられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後頭部から耳の後ろにかけて、おもに大後頭神経の領域に突発性、表在性の強い痛みが生じる、いわば頭部におこる神経痛。小後頭神経あるいは大耳介神経の領域におこるものもある。後頭神経に沿うように圧痛が走り、感覚鈍麻などの感覚障害を伴うこともある。通常は片側性のものが多いが全体に及ぶ場合もある。原因には疲労や精神的ストレス、なんらかの疾患に伴う体の失調などがあげられるが、痛みが持続する場合は、周辺の腫瘍(しゅよう)や頸椎(けいつい)の異常が原因となっていることもあり鑑別を要する。また、肩や頸部の筋肉の凝りや緊張が原因の緊張型頭痛によるものや、猫背など姿勢が悪い状態を続けている場合にも後頭神経痛がおこりやすいとされる。疲労回復や精神的ストレスからの解放が必要とされるが、鎮痛薬などの内服あるいは神経ブロックによって一時的な症状の改善がみられることも多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後頭神経痛の言及

【神経痛】より

…これに属するものとして,一側性,発作性に眼窩(がんか)や鼻根部を中心に耳の後方まで広がる痛みを訴える翼口蓋神経節痛sphenopalatine neuralgia,顔面,鼻,目,耳などの一側性疼痛発作をきたすビディアン神経痛vidian neuralgiaが知られている。
[後頭神経痛occipital neuralgia]
 おもに第2頸髄神経から分枝し後頭部を広範に支配している大後頭神経領域の,一側性で電撃様あるいは刺されたような鋭い疼痛発作である。外後頭隆起の下外側に圧痛点があり,後頭部に触れたり,くしを使うことが誘因となることもある。…

※「後頭神経痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android